召喚/Normal Summon

 手札からそのままフィールド上に表側攻撃表示で出す、もっとも一般的な召喚方法です。
 通常モンスターや、特に召喚方法に制限のない効果モンスターはこの方法で召喚します。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • 説明上混乱をきたしがちな言葉の一つ。
    この項で紹介している「召喚」なのか、モンスターの召喚全般を指した「召喚」なのか、文意をつかまないと話がおかしくなるので注意。
    現在のカードテキストに記されている「召喚」は前者の意味だが、口頭による説明やwiki内などでの解説その他で後者で使われている場合も多い(例:「融合モンスターを召喚する」)。
    英語名ではもう少しわかりやすくなっているが、それでも混乱をきたす部分もある。
    • かつて、《ボアソルジャー》など一部のカードの旧テキストには後者の意味で「召喚」が使われていた。
  • 「召還」は誤用である。
    生け贄」に対する「生贄」のように誤表記ではなく、言葉の意味そのものが違う。
    召還とは「呼び戻す」ことであり、「呼び出す」召喚とは全く反対の行為となってしまう。
  • 他のカードゲームでもこの間違いは多く、OCGにおいても初期の「ヴァリュアブル・ブック」で誤植が見られる。
    また、「デュエルターミナルアクセラレーションガイド」にも「シンクロ召還」と書かれている。
    こちらも「シンクロ召喚」が正しいので勘違いしないように。

具体的な召喚の流れ

  1. 召喚に必要なリリース墓地へ送る)カードがあればする。
    召喚するモンスターを出したい表示形式フィールドに出す。(基本的に表側攻撃表示
  2. 召喚を無効にするカウンター罠
    《神の宣告》《昇天の角笛》等の発動タイミングがここ)
  3. 「2.」で召喚を無効にされなかった場合、召喚が成功。
  4. 永続効果効果の適用
    フィールド魔法《コマンド・ナイト》等による攻守増減、《人造人間−サイコ・ショッカー》等の効果の適用はここ)
  5. 召喚時に発動する誘発効果の他、クイックエフェクトのタイミング。
    先のリリース《クリッター》を使った場合などの強制効果発動もここ。
    《奈落の落とし穴》《レッド・ガジェット》等の発動タイミングはここ)
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画ではテキストの簡略化のためか、初期のOCGの様にルール上特殊召喚であっても「召喚」と表現される事が多い。
    特に原作時点ではそれが顕著であり、「バトルシティ編」で《ラーの翼神竜》効果が解析されるまでテキストに特殊召喚と明記される事はほぼ無かった。
    アニメでは簡略化のためか、特殊召喚時のみ発動する効果等でも「召喚に成功した時〜」等という。

関連カード

召喚に成功した時に効果発動するモンスター

リリースを減らして召喚できるモンスター

リリース生け贄)なしで召喚する事ができる上級最上級モンスター
リリース生け贄)1体で召喚する事ができる最上級モンスター

通常とは別の召喚を行うカード

 ※通常とは別の「通常召喚」を行うカード通常召喚を参照。

カードの効果発動によって召喚を行うカード

―召喚を行える回数を増やすカード

召喚に対するメタ効果を持つカード

関連リンク

広告