生け贄/Tribute

 モンスター墓地に送る方法の一つであり、通常は自分フィールド上のモンスターしか生け贄にできない。
 生け贄召喚儀式召喚、あるいはカードの発動コストなどとして必要になる。
 マスタールール導入に従い、名称が「リリース」に改称された。

  • 劇場版「遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」にて《破滅竜ガンドラX》《オベリスクの巨神兵》等のリリースを要する効果を使用する際には、生け贄ともリリースとも言われず「モンスターの力を使い」や「破壊」と表現されている。
    原作の1年後を描いた続編である事から「リリース」という語を使うのは違和感があるが、OCG的には8年も前に廃止された用語を使うのもまたおかしいという事なのか、どちらの用語も用いない表現となった。
    なお劇中で使用されているカードテキストには「リリース」等OCGで原作終了後に変更された用語が用いられている。
  • 原作や漫画GXでは、テキストや台詞に「生贄」の表記が用いられている。
    また同作では、OCGがマスタールールに移行した後も、「生け贄」という語が使用されている。
  • アニメ5D'sでは当然リリースが使われているが、ダークシグナーが地縛神召喚する際に人間や精霊の魂を文字通り「生け贄」にしている。
  • 週刊少年ジャンプ2013年1号の読者プレゼントとなったTHE GOLD BOXを紹介する漫画では、「リリース」ではなく「生贄」という語が使用されていた。

関連リンク

広告