調整中

 カードのルールが決まっていないことを指す。
 大会において調整中の事象が発生した場合、判定はその場の審判の判断に委ねられる。

 新しいカードが登場するたびに多数の調整中項目が生まれる。
 また他のTCGでは考えられないような「普通にプレイしていて疑問に思う初歩的な内容」もあり、「KONAMIは試験(テストプレイ)を行っていないのでは?」との声もありカードゲームとしての遊戯王が批判される原因のひとつでもある。
 後述の第9期以降では、こうした傾向は減少傾向にあるが、とはいえ(第8期以前のカードを中心に)通常モンスター以外の殆どのカードは放置気味が多くこの言葉で逃げているようにも見える。

  • 遊戯王OCG事務局に電話した場合は、基本的には「ただいま担当部署に確認をとっています」と言われる。
    稀に「ルールの調整を行っています」と言われることがあり、そこから「調整中」という言葉が広く知れ渡ることになった。
    また、環境や販売戦略の変化などにより裁定が変化する事もあり、その為の「調整」なのかという解釈をしている人もいる。
    現在では下記のメールに限らず、公式サイトや公式Twitter等で(主にカード毎の)ゲームルールに関する問い合わせや質問がしやすくなった。
  • メール質問をした場合、以下の返事となる。
    この度頂きましたゲームルールに関するお問い合わせの件につきましては、
    制作担当部署にてルールの確認作業を進めております。
    つきましては、現在のところ御返答差し上げる事ができない内容となり、
    ご案内する事のできる回答をご用意差し上げるまで、お時間を頂く場合がございます。
    誠に恐縮ではございますが、今しばらくのご猶予を賜りますようお願い申し上げます。
  • 今でこそある程度、裁定が固まっているが過去には《光と闇の竜》《ポールポジション》などで特殊裁定が追加されたりと、テキストの曖昧さも問題となっていた。
    とはいえ、現在も採用率の低いカードや古いカードについて質問を送っても全て「調整中」で返されたり、公式データベースに載ってなかったりするなど、販売元としての姿勢を疑いたくなる様な事態も多い。
  • かつては新カードの発売直後に調整中が多発したため批判の対象となっていた。
    KONAMIは裁定を決めてからカードを発売するのではなく、カードを発売してから裁定を決めている。」と言われることすらあった。
    第9期では、新カードの発売日当日から公式データベースで裁定を確認することができるようになっている。
    また公式Twitterや公式データベースでは《灰流うらら》《増殖するG》等のように特定のカードとの組み合わせで発生する処理や「普通にプレイしていて疑問に思う初歩的な内容」についての質問と回答が随時掲載されている。
  • KONAMI側もこれらの問題を認識しているようで、年々ルール関連の公式情報は充実している。
    またテキストの曖昧さについては改善される傾向にある。
    特にマスタールール3におけるテキスト形式の整理は大きい。
  • 調整中の項目があるカードを使う場合、後々揉め事にならないよう事前に取り扱いを決めておく事が望ましい。
    公式大会の場合は、審判員に取り扱いを質問しておこう。
    なお、調整中の項目も裁定が決まっている可能性があるので、使う前に遊戯王OCG事務局や公式サイト内の公式データベースで確認を取るのも有効な手段になり得る。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲーム作品では、OCGで調整中の事項に対してはゲーム版独自の処理を行うようになっている。
    ただし、その処理方法がOCGの公式裁定になるとは限らないので注意。

関連リンク

広告