同時に複数のカードが発動した場合/SEGOC

 スペルスピード1である誘発効果などが同じタイミングで発動してしまった場合は、特別にチェーン処理で効果を解決していきます。
 まずはターンプレイヤー効果からチェーンをはじめます。
 ひとつしかない場合はそれがチェーン1となり、複数存在する場合はターンプレイヤーが選択して自分の効果チェーンを作ります。
 その後は相手プレイヤーがそのチェーン自分効果を重ねていきます。
 つまり、非ターンプレイヤー効果から処理が行われていくことになります。

 (公式ルールブック マスタールール2対応 バージョン 1.0 より引用)


 (注:正確には、「同時に複数の効果が発動した場合」である。)

 「同一タイミングでの複数の誘発効果発動」か、「同一フェイズ内での複数の誘発効果発動」か、で処理が異なるので注意。
 上記の説明は「同一タイミングでの複数の誘発効果の発動」の説明である。

同一タイミングでの複数の誘発効果発動

効果発動した時」が発動条件になっている誘発即時効果が同時に複数発動する場合

 誘発効果ではないが、似たような処理であること、また、パーフェクトルールブック2017ではまとめて説明されているため、ここに記述する。

  • 上述のように、パーフェクトルールブック2017ではこのルールについて、誘発効果誘発即時効果がまとめて説明されているが、そのせいで非常に分かりにくい記述が多いので注意。
    例えば、「優先度2」の効果として、「フィールド表側表示カード」とあるが、上述のようにこれは誘発効果に限った話である。
    しかし、その下に例として、誘発即時効果である《光と闇の竜》の処理について書かれており、さらにその下にはなぜか優先権に従った発動順の例が挙げられているなど、非常に分かりにくい。

同一フェイズ内での複数の誘発効果発動

  • SEGOCとは"Simultaneous Effects Go On Chain"の略称。
    公式ルールブックには"When multiple cards are activated simultaneously"と記載されている。

関連リンク

FAQ

Q:《シャーク・ザ・クルー》効果《水精鱗−アビスパイク》《水精鱗−アビスタージ》特殊召喚しました。
  この時点で《水精鱗−アビスタージ》対象となるモンスター墓地に存在しません。
  チェーン1として《水精鱗−アビスパイク》効果発動し、《海皇の突撃兵》コストとして墓地へ捨てた場合、チェーン2に《水精鱗−アビスタージ》効果発動できますか?
A:発動できません。(13/02/25)

Q:自分相手がともに《時花の魔女−フルール・ド・ソルシエール》《ゴゴゴゴースト》除外されている状態で《異次元からの帰還》発動したところ、相手チェーンして《異次元からの帰還》発動し、これらのカードが双方のフィールドに一斉に特殊召喚されました。
  この特殊召喚成功のタイミングでこれらのカード効果が同時に発動する事になりますが、任意効果である《ゴゴゴゴースト》効果発動するかどうか決めるのはどのタイミングですか?
  チェーンを積み始める前ですか?
  強制効果チェーンに積み任意効果を積めるようになった段階でですか?
A:ご質問の状況の場合、チェーン2にて発動した相手《時花の魔女−フルール・ド・ソルシエール》効果発動した際に、自分はチェーン3として《ゴゴゴゴースト》効果発動するかを決めます。
  したがって、チェーン1の段階で《ゴゴゴゴースト》効果発動するかを相手宣言する必要はありません。(13/03/09)

Q:同時に複数の効果発動する場合、任意効果発動するか否かを決定するのは強制効果の上に積み始める前ですか?
  (積む前にそれぞれの任意効果発動するかどうか決定しておきますか?)
  それともどれか1つを選んで発動時処理(コスト支払い対象選択)を終えてから次の効果発動するかどうか決められますか?
A:基本的に、特定のタイミングにおいて複数の効果発動する場合、発動するカードを決めた上でチェーンを組みます。
  なお、対象の選択やコストを払うタイミングは、それぞれをチェーンに積む時になります。(13/03/14)

広告