汎用性(はんようせい)

 幅広く使うことができる性質のこと。
 カード評価で主に使われる用語であり、大まかに以下の2つの場合で使われる。

  1. そのカードの使い道の多さを表す場合
  2. そのカードが使えるデッキの多さを表す場合

 前者の場合は、効果を複数持っているような多くの役割をこなせるカードを指す。
 ステータス効果の両方が優秀なモンスターフリーチェーンが可能もしくは複数の効果を持つ魔法・罠カードは「汎用性の高いカード」と言われる。

 後者の場合は、属性種族カード名などのカテゴリ指定のないカードを指す。
 これらは「汎用カード」と呼ばれ、環境に適していたり特に優秀なものは多くのデッキ必須カードのような扱いをされる。
 標準装備と言えるカードであるため、カテゴリ系カードを評価する際はこれらのカードと比較されることも多い。

  • 【スタンダード】は「汎用性の高い汎用カード」を集めて作られたデッキとされる。
    多くの場面で柔軟に使えて、幅広く扱いやすいカードばかりで構成されたデッキである。

関連リンク

広告