これらのキーワードがハイライトされています:《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》

究極宝玉神(きゅうきょくほうぎょくしん) レインボー・ドラゴン/Rainbow Dragon》

効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻4000/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド上・墓地に「宝玉獣」と名のついたカードが
7種類存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚したターン、以下の効果を発動できない。
●自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついたモンスターを全て墓地へ送る事で、
このカードの攻撃力は墓地へ送ったカードの数×1000ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●自分の墓地の「宝玉獣」と名のついたモンスターを全てゲームから除外する事で、
フィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 究極宝玉神の一体であり、フィールド墓地宝玉獣を合計7種類揃える召喚条件フィールド宝玉獣墓地へ送る事で攻撃力自己強化する誘発即時効果墓地宝玉獣除外する事でフィールドのカードデッキ戻す起動効果を持つ。

 7種類の宝玉獣フィールド墓地に揃えるという厄介な召喚条件を持つ。
 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉の導き》《宝玉の樹》《アドバンスド・ダーク》等で下準備を徹底すれば特殊召喚にこぎつける事自体はそこまで難しくはないが、プレイングとデッキ構築がかなり縛られてしまう。
 また、耐性がない上に特殊召喚したターンバニラ同然であり、「出せば勝てる」訳ではないため、【宝玉獣】であっても無理に採用する必要はない。
 一応、召喚条件さえ揃っていればコストなしで特殊召喚できることから手札へのバウンスには強い。

 2つの効果は、特殊召喚したターン発動できないという制約がある。
 《虹の引力》相手ターンエンドフェイズ特殊召喚してやれば、除去に晒されるリスクを減らしつつ返しのターン効果発動できる。
 また、特殊召喚条件さえ揃っていれば、ノーコストで何枚でも特殊召喚できる。
 2枚同時にサーチできる《ドラゴン・目覚めの旋律》などを利用して大量展開し、反撃の隙を与えず一気に攻めきりたい。

 1つ目の効果は、モンスターゾーン宝玉獣を全て墓地へ送ることで攻撃力を上昇させる誘発即時効果である。
 元々攻撃力は十分に高いが、宝玉獣で露払いをしてから直接攻撃を行えば一撃必殺も狙えるだろう。
 また、いつでも発動できるので、隣の宝玉獣攻撃効果の対象にされた時に回避する手段としても使用できる。

 2つ目の効果は、墓地に存在する宝玉獣除外する事でフィールドリセットする起動効果である。
 「デッキ戻す」という最高のリセットを行うが、自身もデッキに戻るため、使いどころが難しい。
 いざと言う時を除けば、《オーバー・ザ・レインボー》との1ターンキルコンボくらいに使うぐらいだろう。

  • 初めてホログラフィックレアとなったカードである。
    登場当初はその珍しさと封入率の低さが話題となり、10000円近い値段で取引される事もあった。
  • 存在自体はヨハンの初デュエルである「十代vsヨハン」戦で示唆されていたが、実際にヨハンが手に入れたのは上記の「十代&ヨハンvsマルタン(ユベル)」戦の前である。
    カードが発掘されるまで、ヨハンは「究極宝玉『獣』」と呼んでいた。
    劇中では「ユリウス・カエサルは自らの権勢を示すため、世界中から集めた7つの宝石を収めた石版を作った」とされている。
    長らくこの石版の行方が知れなかったためにカード化できずにいたが、ペガサスの執念が結実し石版は発見され、発掘された現場でペガサスにデザインされた。
    • その誕生の経緯からか、ギース曰く作中世界では億単位の価値があるとのこと。
  • 大型モンスター且つ作中内でも重要なカードなのだが、自身が登場するデュエルではやたら中断が多いカードでもある。
    実に初登場から3回連続でデュエルが中断しており、漸くはっきりと勝負がついたのはアニメGX内では最後の登場となる「十代vsヨハンvs藤原」戦のことである。
  • アニメZEXALでは決闘庵の木像として設置されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2008では秩序の世界の石版の対戦相手として登場。
    《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》召喚して勝利せよ」という課題デュエルを挑んでくる。
    《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》軸の【宝玉獣】を使用してくる。
    また、このゲーム内では何故か二つ目の効果相手ターンにも使えるようになっている。
    DUEL TERMINALでこのカードをスキャンすると、攻撃名と同じ隠しデッキ虹の架け橋(オーバー・ザ・レインボー)」を使用できる。
    10枚のデッキ中このカード宝玉獣7枚の計8枚が固定されており、かなり使いづらいデッキである。
    通常ステージのヨハンがデュエル終了後に、「レインボードラゴンはまだない」というアニメ通りの台詞を言うのだが、デスティニースキャンで使用した場合も同じセリフを言う。
    第3弾までのアクションデュエルでは宝玉獣3体の攻撃発動するコンボ名にこのモンスター攻撃名が使われていた。

関連カード

融合関連

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズ素材となっているカードを含めて、フィールド上・墓地に「宝玉獣」と名のついたカードが合計7種類存在する場合、このカード特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、できません。
  フィールド上でエクシーズ素材となっているカードは、モンスターカードでは無く、エクシーズ素材として扱われます。(11/07/24)

Q:攻撃された時、一つ目の効果バトルステップ発動した場合、巻き戻しは発生しますか?
A:はい、被攻撃側のモンスター数が変化した場合は、巻き戻しが発生します。

Q:攻撃された時、一つ目の効果ダメージステップ発動した場合、巻き戻しは発生しますか?
A:いいえ、被攻撃側のモンスター数が変化したとしても、ダメージステップでは巻き戻しが発生しません。

Q:自分フィールド《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》がいます。
  この状態で、相手モンスター《宝玉獣 サファイア・ペガサス》攻撃してきました。
  その戦闘ダメージステップで、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》コストに一つ目の効果発動はできますか?
A:はい、できます。この場合は、ダメージ計算を行わずに戦闘が強制終了します。
  なおこの効果は「攻守の増減に関する効果」であるため、ダメージステップ開始からダメージ計算が始まるまでの間でのみ使用することができます。

Q:蘇生制限を満たしたこのモンスター墓地除外ゾーンから特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。テキストには書かれていませんが、このモンスター手札からのみ特殊召喚が可能です。
  ガーディアン召喚条件のようなテキストですが、実質には「条件を満たしたときのみ手札から特殊召喚可能な、単なる特殊召喚モンスター」です。

Q:このカードの効果魔法&罠カードゾーン宝玉獣も第一の効果墓地に送れますか?
A:いいえ、できません。


Tag: 《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻4000 守0 究極宝玉神 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告