これらのキーワードがハイライトされています:砂塵

砂塵(さじん)大竜巻(おおたつまき)/Dust Tornado》

通常罠
(1):相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを破壊する。
その後、手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した通常罠
 相手魔法・罠カード1枚を破壊し、自分魔法・罠カードを1枚セットする効果を持つ。

 数ある《サイクロン》相互互換のひとつだが、罠カード故の遅効性、自分フィールドのカードに使用できない等の短所が目立つ。
 他にも《ツインツイスター》《コズミック・サイクロン》等の選択肢があり、魔法・罠除去カードとしては優先できない。
 むしろ注目すべきは「相手ターン魔法・罠カードセットできる」という独自の性質の方で、以下のような用途がある。

  1. 相手ターン発動永続罠等をセットする事で、自分ターンに安全に発動できるようにする。
  2. 相手ターン発動し何らかの魔法・罠カードセットする事で、《左腕の代償》等の「魔法・罠カードセットが出来ない」制約を軽減する。
  3. 《マインドクラッシュ》等の手札破壊チェーンする事で、手札魔法・罠カードを守る。
  4. 《ハーピィの羽根帚》等の全体除去チェーンする事で、破壊されると発動する魔法・罠カード効果を使う。
  5. セットが「破壊した後」に行われる事を利用し、破壊した《歯車街》等のタイミングを逃させる
  6. 相手ターンセットすることで、《アルティマヤ・ツィオルキン》効果を補助する。
  7. 《王家の神殿》を併用し、セットしたカード相手ターン中に使えるようにしたり、《サイクロン》等に対するブラフとする。
  8. 《カードカー・D》《闇の仮面》等で自分ターンエンドフェイズ相手ターン手札に加わった罠カードセットする事で、次の自分ターンから発動できるようにする。
  • 過去の主流デッキには以下の傾向が見られることが多かった。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」のアニメ版「遊戯vsレアハンター」戦において遊戯が使用したのが初登場。
    レアハンターが使用した《光の護封剣》破壊し、総攻撃を仕掛けた。
    アニメ版では、その後も遊戯のデッキに投入され何度も使用されている。
    その後の「ドーマ編」の「vsグリモ」戦では、《オレイカルコスの結界》破壊しようとしたが、「オレイカルコスの力以外によっては破壊されない」効果により失敗に終わった。
  • アニメでは発動できなかったり逆利用されたりと、いわゆる「かませ犬」役の傾向にある。
  • 「遊戯vsグリモ」戦以降、登場しているこのカードテキストにはルビがない。
    アニメDMの「ドーマ編」以降、アニメに登場するカードは全て世界統一フォーマットに統一されたが、「遊戯vsグリモ」戦の時点では世界統一フォーマットの《砂塵の大竜巻》は存在しなかった。
    よって、アニメスタッフが世界統一フォーマットの《砂塵の大竜巻》をアニメオリジナルカードと同様の形式で制作しアニメに登場させたのだが、アニメオリジナルカードには基本的にルビが振られないため、このカードも同様にルビなしでアニメに登場した。
    アニメに登場する《砂塵の大竜巻》にルビがないのは、この時作成した画像を使いまわしているからと思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手の出したフィールド魔法カード除去できますか?
A:はい、できます。

Q:破壊できなかった場合は、セットできませんか?
A:はい、破壊できなかった場合は、セットできません。(08/05/30)

Q:《砂塵の大竜巻》でセットする効果を使用した場合は、破壊の後に別の処理が入る扱いですか?
A:はい、そうです。つまり、破壊が条件の任意効果タイミングを逃すことになります。(08/05/30)

Q:《砂塵の大竜巻》でセットする効果を使用しなかった場合は、破壊した《歯車街》効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/07/30)

Q:このカードの効果《トイ・マジシャン》《白銀のスナイパー》セットする事はできますか?
A:このカードの効果でそれらを手札からセットできます。(13/02/25)


Tag: 砂塵の大竜巻》 通常罠

広告