A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) サイクルリーダー/Ally of Justice Cycle Reader》

チューナー(効果モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻1000/守1000
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
相手の墓地の光属性モンスターを2体まで選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 手札から墓地へ捨てることで、墓地光属性モンスターを2体まで除外する誘発即時効果を持つ。

 A・O・Jに多いサイドデッキ向けのカードで、光属性に対しては《D.D.クロウ》を超える力を発揮する。
 「2枚まで」なので、1枚しか除外できない場合でも効果が使える点も優れる。
 光属性以外も除外できる《異次元への隙間》も存在するが、手札誘発罠カードではスピードが段違いであり、特に先攻ターン目の動きに対処できるか否かの差は大きい。

 墓地を重視する【光属性】に対しては特に効果的であり、カオス等の墓地コストを要求するモンスターの展開も間接的に阻止できる。
 対【アーティファクト】では特殊召喚効果チェーンして除外すれば実質的な除去にもなる。
 【武神】相手にも墓地に存在する厄介な武神器をまとめて除外できるため、メタとして有用。
 【青眼の白龍】【巨神竜】等の、光属性ドラゴン族の大型モンスター蘇生で展開するデッキに対してもメタとして機能する。

 《D.D.クロウ》と同じく闇属性であり、墓地へ送った後はカオスなどに繋ぐ事ができる点は同じ。
 しかし、あちらがどんなカードでも除外できるのに対し、こちらは相手墓地光属性がいないと発動できないので、その運用では安定性に欠ける。
 一応、《エフェクト・ヴェーラー》等の汎用光属性除外して無理やり墓地に用意する事も可能だが、それではこのカードを採用する意義が薄い。
 あくまでも必要に迫られた場合のやむを得ない手段だとは認識しておきたい。

 一方、こちらはレベルチューナーなので、効果を使えなくともフィールドに出した場合の素材の汎用性で勝る。
 サーチが利きやすいので、【カラクリ】のようなデッキでは二重に事故を防止できる。
 ただいずれにしろ、特殊召喚しやすいモンスターを併用するなどして極力腐らないように努めたい。

 なお、【A・O・J】としては、A・O・J《DNA移植手術》墓地光属性には干渉できないため扱いにくく、チューナーである点も展開力が低いため扱いにくい。
 一応、能動的に墓地に送れるため蘇生から展開を行う手段にする事はできる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(09/08/04)

Q:対象をとりますか
A:対象をとります
  なお、2体選択した後チェーンによって効果処理時に1体が墓地を離れた場合でも、残りのもう1体を除外できます。(09/12/14)

Q:2枚までなので0枚を選択することはできますか?
A:1体か2体を選択するので不可能です。(09/08/13)


Tag: 《A・O・J サイクルリーダー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻1000 守1000 A・O・J

広告