Live☆Twin(ライブツイン) トラブルサン/Live☆Twin Sunny's Snitch》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ライブツイン」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在する限り、
相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度に、自分は200LP回復し、相手に200ダメージを与える。

 DAWN OF MAJESTYで登場した永続魔法
 発動時にライブツインサーチできる効果イビルツインが存在する場合に相手召喚特殊召喚の度に200の回復バーンを行う効果を持つ。

 (1)は発動時におけるライブツインサーチ効果
 展開の初動役を担う《Live☆Twin キスキル》または《Live☆Twin リィラ》サーチできるのでデッキの安定性が増す。
 《シークレット・パスフレーズ》でこのカード自体もサーチ可能であり、初期手札から動ける可能性は大きく上がる。
 永続カードの宿命だが、発動チェーンして除去されるとサーチできない点は受け入れざるを得ない。

 (2)は自分ライフ回復相手ライフへのバーン効果
 イビルツインの存在が条件だが、(1)でサーチした上記2枚の効果からリンク2のイビルツインに繋げる事は容易い。
 1回あたりの数値は小さいが、相手特殊召喚を多用する展開系デッキの場合は侮れないライフ・アドバンテージを得られる。
 ただし、残りライフが少ない終盤でもない限り、相手はこの効果に関わらず展開を止める事は期待しにくいので、展開の抑止力としては期待しにくいか。
 この点を逆利用し、相手バーン覚悟でデッキを回してライフが減ったタイミングでバーンカード発動し、一気に削り切る戦術も考えられる。
 もっとも、《原始生命態ニビル》の存在から召喚特殊召喚を4回以下に抑えるデッキも少なくないため、逆利用するなら手札を0枚にして《原始生命態ニビル》がないことを示しておく必要はあるか。

 この効果が最も真価を発揮できるのは、ライフ・アドバンテージが重視されるエキストラターンエキストラデュエルである。
 相手召喚したが最後、そのターン中に何としても攻撃を通してこちらのライフを減らす事が求められるが、防御カードと併用してそれを妨害できれば、わずかなライフ差が勝敗を左右し得る。

  • カード名の「トラブルサン」は、以下のような意味が考えられる。
    ●炎上(特にインターネット上で)などの問題の「トラブル」と敬称「さん」
    ●「トラブルサム/troublesome」のもじり(英語で「厄介な」などの意味を持つ)
    ●「トラブル」+「ルサンチマン」の造語
    「ルサンチマン/ressentiment」は元はフランス語であり、「恨み」「強者に対する仕返しを欲する、鬱屈した弱者の心」を意味する。
    ●「トラブル」+「太陽(Sun)」
  • イラストでは、ライブツインの2人が参加している動画サイトのランキング画面らしきものが表示されている。
    • 1位は《ブービーゲーム》の様子をサムネイルに据えた動画である。
      全体的な色合いや特徴的な模様からすると、《ブービーゲーム》にてイビルツインが狙った宝物を先んじて盗んだ、あるいは偽の依頼でカメラの前におびき出したのが、イラスト金髪の少女だと思われる。
      • 他の配信者の後ろ暗い面を(それが確証のある話なのかは関係なく)示唆・暴露するといった行為は所謂「物申す系」配信者の動画のコンセプトのひとつ。
        主に名の売れている配信者が標的になることもあり、上記の通りルサンチマン的な活動と言える。
  • ライブツインの動画は2位であり、2人が閃刀姫と思われるコスプレをしている。
    3位には《マグネッツ1号》《マグネッツ2号》の動画が入っている。
    • 過去にテレビ等を中心に活動していた著名人などが、動画配信サイトを用いてセルフプロデュースすることは近年ではしばしばあり、その結果再び人気が出るということも少なくない。
      OCGの中でも最初期のモンスターである「マグネッツ」らが出演する動画がランクインしているのは、そういった趣向を踏まえての要素だろうか。
  • 英語名の「Snitch」は「密告者」を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Live☆Twin トラブルサン》 魔法 永続魔法 ライブツイン

広告