S−Force(セキュリティ・フォース) プロフェッサー・ディガンマ》

 ※ディガンマは機種依存文字のため、ルビで代用しています。

効果モンスター
星3/闇属性/サイキック族/攻1000/守1500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「S−Force」モンスターの正面の相手モンスターは効果以外では表示形式を変更できない。

 BLAZING VORTEXで登場した闇属性サイキック族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に、相手フィールド表側表示モンスター1体の表示形式を変更する誘発効果S−Forceの正面の相手モンスター効果以外で表示形式を変更できなくなる永続効果を持つ。

 (1)は相手モンスター表示形式を変更する効果
 自分ターンには相手モンスター表示形式を変えることで突破を容易にする。
 《緊急テレポート》《S−Force ショウダウン》などで相手ターン特殊召喚すれば、そのモンスター攻撃をとりあえず防げる。

 (2)は相手表示形式の変更を行えなくする効果
 嫌らしい効果ではあるが、表示形式変更自体それほど頻繁に行われるものではなく、拘束力は高くない。
 (1)の効果表示形式を変えたモンスターにしても、残しておけば素材にされる可能性もあるため、この効果で拘束するよりは除去してしまったほうが良いだろう。

 どちらの効果も状況を変えるには頼りない効果であり、《緊急テレポート》特殊召喚できる素材要員として見るのが一番だろう。

  • 効果以外では表示形式を変更できない」というテキストを持つ初めてのカード
    《闇の護封剣》など同様の拘束を行うカードは存在したが、それらは「効果以外では」という表記がない。
    わかりやすさを重視し明記したとも取れるが、その後登場した《氷結界の依巫》にも「効果以外では」という表記はない。
  • 「プロフェッサー/professor」は英語で「教授」「教官」を指す。
    「ディガンマ」は使われなくなったギリシャ文字のひとつであり、アルファベットのFの原型である。

関連カード

―《S−Force プロフェッサー・ディガンマ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《S−Force プロフェッサー・ディガンマ》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 サイキック族 攻1000 守1500 S−Force

広告