《ふわんだりぃず×いぐるん/Floowandereeze & Eglen》

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

 BURST OF DESTINYで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 効果発動ターン特殊召喚を行えない効果外テキスト最上級鳥獣族サーチした後に鳥獣族召喚できる誘発効果フィールドから離れた場合に除外されるルール効果鳥獣族召喚時に除外された自身をサルベージする誘発効果を持つ。

 効果外テキストと(2)(3)、及び(1)の発動条件と追加召喚はいずれも下級ふわんだりぃずに共通しており、【ふわんだりぃず】の根幹を支えるものでもある。
 これらの詳細については《ふわんだりぃず×ろびーな》のページを参照。

 このカードの(1)の固有効果最上級鳥獣族サーチ
 レベル10ふわんだりぃずサーチし、そのまま共通部分の召喚効果アドバンス召喚するのが基本となる。
 それ以外では、単体で高い制圧力を持つ《霞の谷の巨神鳥》耐性により場持ちが良くバウンス相手の行動を妨害できる《烈風の覇者シムルグ》等も候補。
 フィールド魔法《ふわんだりぃずと謎の地図》の存在から、2体存在する地縛神を狙ってみるのも面白い。
 《ふわんだりぃず×ろびーな》と同様に《灰流うらら》等の妨害を受けやすく、その後の共通効果にまで影響が出る点は気を付けたい。

 ステータスから家臣サポートカードにも対応しており、《風帝家臣ガルーム》《風帝ライザー》《烈風帝ライザー》とは種族属性サポートカードを共有できる。
 また、自身のサーチ先にはシムルグも多く存在しており、シムルグ関連には風属性鳥獣族を指定する効果も多い。
 それらを軸に据えたデッキに単独で採用することも検討できるが、特殊召喚不可の制約は重いので採用はよく考えた上で行いたい。

  • モチーフは鷲(ワシ)の一種である「ハクトウワシ」であり、カード名は鷲の英名「イーグル(Eagle)」の捩りだろう。
    ハクトウワシはアメリカ合衆国の国章に描かれている国鳥であり、イラスト背景もアメリカをイメージしたと思われる大都市の沿岸部が描かれている。

関連カード

(1)でサーチできるレベル7以上の鳥獣族

効果モンスターアドバンス召喚可能なもの)

特殊召喚モンスターサーチにのみ対応)

儀式モンスターサーチにのみ対応)

―使用不可カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ふわんだりぃず×いぐるん》 モンスター 効果モンスター 星1 風属性 鳥獣族 攻800 守1000 ふわんだりぃず

広告