《アウトバースト・ドラゴン》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカード以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてドラゴン族リンクモンスター1体をリンク召喚する。

 Vジャンプ(2021年9月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 手札から自身を特殊召喚し、その後自分フィールドの他のモンスターを全て破壊する起動効果相手メインフェイズに自身を素材に含めてドラゴン族リンク召喚を行う誘発即時効果を持つ。

 (1)は自身の特殊召喚自分モンスター効果破壊
 普通に使うとディスアドバンテージになるので、フィールドモンスター効果破壊する事に意味があるデッキでの使用となる。
 表示形式には指定は無いが、攻撃力が低いので基本的に(2)などを活用した各種素材に用いる事になるだろう。
 ただし、この効果で出した場合は闇属性しか出せないので展開先は若干限定される。
 裏側表示にした後に再度表側表示にすれば制約も解除されるが、そこまで手間をかけるべきかはよく考えたい。
 破壊耐性持ちと並べる手もあるが、(2)を使わないなら同レベル・同属性・同種族《限界竜シュヴァルツシルト》がいる点も厳しい。

 (2)は相手メインフェイズにおけるドラゴン族リンク召喚
 相手ターン発動する関係上、リンク召喚時の誘発効果など、相手ターンに使用可能な効果を持つものを優先したい。
 ただし、(1)で特殊召喚した状態では闇属性ドラゴン族に限られるので、素材が軽く有用な妨害効果を持つ《天球の聖刻印》は出せない点は注意。

 競合先としては同レベル・同属性《時花の賢者−フルール・ド・サージュ》が存在し、あちらの方が効果汎用性攻撃力では優れる。
 一応、《時花の賢者−フルール・ド・サージュ》破壊するのは必ず2枚なので、1体しか破壊したくない場合や、3体以上破壊できる点では勝る。
 しかし、相手カード破壊できないため、優位点としては小さいか。
 こちらを優先するのならば種族面や(2)を意識したい。
 【ヴァレット】ならば種族属性サポートを共有でき、ヴァレット・ドラゴン破壊してエンドフェイズリクルートされたモンスターを返しのターンに(2)で利用できる。

 《忍法 超変化の術》相手ターン特殊召喚でき、そのままリンク召喚を狙える。
 (1)で出していないため、《天球の聖刻印》などもリンク召喚でき、除去可能となる。
 《天球の聖刻印》でこのカード特殊召喚リンク召喚を行うことで、攻撃力守備力が0になる点を補うことも可能。

  • 「outburst」は英語で「爆発」「噴出」を意味する。

関連カード

(1)で特殊召喚した状態から(2)でリンク召喚可能な闇属性・ドラゴン族のリンクモンスター

リンク

リンク

リンク

リンク

収録パック等


Tag: 《アウトバースト・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2100 守2800

広告