《アビスケイル−ケートス/Abyss-scale of Cetus》

装備魔法
「水精鱗」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は800ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、
相手フィールド上で発動した罠カードの効果を無効にする。
その後、このカードを墓地へ送る。

 COSMO BLAZERで登場した装備魔法
 水精鱗にのみ装備でき、単体強化する効果相手フィールド発動した罠カード効果無効にし自壊する効果を持つ。

 アビスと名のつく装備魔法共通の効果を持ち、このカード罠カード効果に対応する。
 高速化した環境ではデッキによっては罠カードを全く採用しないこともあり、無効効果の恩恵は受けづらい。
 その状況を逆手に取って、勝手に装備が外れてしまうことがないサーチ可能な強化カードとして見ることもできるか。

 他のアビスケイル同様チェーンブロックを作らないため、スペルスピード3のカウンター罠無効にすることができる。
 水精鱗《水精鱗−メガロアビス》などによる総攻撃での1ターンキルが得意なので、攻撃反応型罠カードなどを回避できるのは利点。
 一方、事前に水精鱗装備する必要があるので召喚反応型罠カードの対策にはなりづらい。
 強制効果であることや永続カードに弱い点も他のアビスケイルと同様なので、よく考えて採用したい。

  • 「ケートス(Ketos)」とは、ギリシャ神話に登場するイヌの頭と魚の下半身を持つ魔物である。
    エチオピアの女王カシオペアが自らを女神たちより美しいと自称したため、激怒したポセイドンによってエチオピアへと送り込まれた。
    やむなくカシオペアは自らの娘である王女アンドロメダを岸壁に縛り付けケートスへの生け贄としたが、偶然そこへ勇者ペルセウスが現れる。
    ペルセウスはゴーゴンの首を見せてケートスを石化させ、アンドロメダを妻としたという。
    ケートスは現在の「くじら座」のモチーフとなっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:無効にする効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(12/11/17)

Q:相手フィールドに既に表側表示で存在する《血の代償》効果発動した場合でも、このカード無効にする効果適用されますか?
  また、このカード墓地へ送られた後にその後再び《血の代償》効果発動した場合は、その効果適用されますか?
A:はい、適用され《血の代償》効果無効になりますが、それ以降に発動した《血の代償》効果適用されます。(13/10/10)

Q:このカードの効果《デモンズ・チェーン》《竜魂の城》効果無効にしました。
  チェーン処理終了後もこれらのカードの効果無効化されたままとなりますか?
A:このカード効果無効にした後墓地へ送られるため、このカード墓地へ送られた後は再びそれらのカードの効果適用されます。(13/09/20)

Q:このカードフィールドに存在する時に裏側表示から表側表示にして《アビスフィアー》発動した場合、どの効果無効になりますか?
A:その場合、チェーンブロックにて適用される特殊召喚する効果無効になり、《アビスフィアー》フィールドに残り続け、魔法カード発動を封じる効果自壊する効果は通常通り適用されます。(13/10/10)

Q:このカード《王宮のお触れ》フィールドに存在する場合、相手発動した罠カード効果はどちらのカードの効果無効になりますか?
A:両方の効果適用され無効化されている扱いになります。(14/08/11)

Q:《真竜拳士ダイナマイトK》効果発動した永続罠カード効果無効にしますか?
A:このカードの効果では無効にできません。(17/03/15)


Tag: 《アビスケイル−ケートス》 魔法 装備魔法 アビス

広告