《ウォークライ・ミーディアム/War Rock Medium》

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在し、
自分フィールドにレベル7以上の「ウォークライ」モンスターが存在する限り、
お互いのメインフェイズ1の間、お互いにフィールドのモンスターの効果を発動できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ウォークライ・ミーディアム」以外の「ウォークライ」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

 DIMENSION FORCEで登場した永続魔法
 フィールドでの条件を満たした場合にお互いメインフェイズ1の間、お互いフィールドでのモンスター効果の発動を封じる効果同名カード以外のウォークライ魔法・罠カードデッキからセットできる効果を持つ。

 (1)はメインフェイズ1でのフィールドモンスター効果の発動を封じる効果
 相手メインフェイズ1での展開や除去を妨害し、バトルフェイズに入らせることで《ザ・ロック・オブ・ウォークライ》による特殊召喚を狙うといったことが可能。
 しかし、メインフェイズ2での展開を妨害できず、バトルフェイズに入っても戦闘を行わなければウォークライ効果は使いにくい。
 《パペット・ルーク》攻撃を強制する効果も併用したい。
 メインフェイズ2をスキップする《一撃離脱》《端末世界》を併用すれば相手の展開を大きく阻害できる。
 なお、相手フィールド特殊召喚されたモンスターが存在している必要があり、最初に召喚されたモンスター効果は防げない。
 《浅すぎた墓穴》壊獣などで相手フィールドモンスター特殊召喚すれば能動的に使える。
 また、条件としてレベル7以上のウォークライが必要であり、先攻ターン目で準備するには《プロモーション》などが必須。
 《バーバリアン0号》なら手札から《ウォークライ・バシレオス》特殊召喚可能であり、このカードの(2)で《ザ・ロック・オブ・ウォークライ》経由で《ウォークライ・バシレオス》サーチしておけば比較的楽に条件を整えられる。
 サーチしたウォークライ手札から墓地へ送ることで蘇生できる春化精も良い。
 先攻ターン目以外は(2)で《ザ・ロック・オブ・ウォークライ》セットし、その効果レベル7以上のウォークライサーチしてバトルフェイズ特殊召喚すればその次の相手ターンから適用を狙える。

 (2)はウォークライ魔法・罠カードセットする効果
 発動後は展開に制限がかかるが、特にコストもなく、維持さえできれば毎ターンアドバンテージを稼ぐことができる。
 筆頭候補は《ザ・ロック・オブ・ウォークライ》であり、《ウォークライ・ガトス》サーチすることでリンク召喚エクシーズ召喚を補助できる。
 バトルフェイズに入ることで《ザ・ロック・オブ・ウォークライ》の展開に繋げてもいい。
 その他では無効化を狙える《ウォークライ・ディグニティ》、展開を補助できる《ウォークライ・ジェネレート》が候補となる。

 (2)の効果だけでも【ウォークライ】にとっては戦闘を経由せずアドバンテージを獲得できる貴重な手段である。
 (1)に関しても、先攻ターン目で条件を満たそうとするときついがそれ以外なら適用できる機会はあり、他の展開妨害手段を併せて使えば相手の動きを制限しやすい。

  • 「medium(ミーディアム)」は「霊媒」を指す語。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ウォークライ・ミーディアム》 魔法 永続魔法 ウォークライ

広告