《オーバーロード・フュージョン/Overload Fusion》

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、
機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 フィールド墓地融合素材除外し、闇属性機械族融合モンスター融合召喚する効果を持つ。

 墓地融合が可能なので、予め墓地肥やしをしておけば手札1枚で融合召喚が可能。
 特に《キメラテック・オーバー・ドラゴン》は、融合素材の数に比例して攻撃力攻撃回数が上がる特性を持つため、1ターンキルクラスのダメージによる1発逆転も狙える。
 さらに《未来融合−フューチャー・フュージョン》と組み合わせれば、瞬時に墓地を肥やしして融合召喚が可能。
 これに特化したのが往年の【未来オーバー】であるが、《未来融合−フューチャー・フュージョン》弱体化エラッタを受け、次のターンまで維持しなければ墓地を肥やす事が出来ないため、他の手段も用意しておきたい。

 他の対象としては、【サイバー・ドラゴン】での《キメラテック・ランページ・ドラゴン》【古代の機械】での《古代の機械混沌巨人》【サイバー・ダーク】でのサイバー・ダーク融合モンスターが挙げられる。

  • 「オーバーロード(overload)」とは(過剰な程に)「荷物を積む」、「負担をかける」などの意味を持つ英単語。
    しかし、このカードの効果は負担をかけるどころか負担を軽減している。
    墓地に眠る(役目を果たしたはずの)モンスターをなお、叩き起こして素材にするという意味で「(過剰に)負担をかける」なのだろうか。
    • オブジェクト指向プログラミングにおいては、同じ名前の関数に異なる型の引数を与えて呼び出せるようにすることを「オーバーロード」と呼ぶ。
      通常とは異なる方法で融合素材を与え融合モンスター呼び出すことから、あるいはこの意味かもしれない。
  • アニメARC-Vの第116話では、アカデミアの授業においてスクリーンに映し出されており、「本校の伝説のデュエリストRyo Marufujiが使用」と解説されている。

関連カード

カード名関連

機械族闇属性に関係する効果を持つカード

このカードで特殊召喚できる闇属性機械族融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《オーバーロード・フュージョン》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告