《ガエル・サンデス/D.3.S. Frog》

融合・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2500/守2000
「デスガエル」+「デスガエル」+「デスガエル」
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する
「黄泉ガエル」の枚数×500ポイントアップする。

 SHADOW OF INFINITYで登場した水属性水族融合モンスター
 墓地《黄泉ガエル》の数だけ攻撃力自己強化する永続効果を持つ。

 《デスガエル》の3体を融合素材とするが、融合素材代用モンスターが利用できない。
 しかし、《デスガエル》には同名カードリクルートできる効果があり、他にも《デスガエル》扱いとなる《魔知ガエル》《粋カエル》が存在するため、フィールドに3枚揃えて融合召喚するのは容易。
 この場合3体で攻撃した後に《瞬間融合》を使ったり、《融合》から《融合解除》を利用することで連続攻撃ができれば、ダメージ1ターンキルが可能な数値に達する。

 墓地《黄泉ガエル》の数に応じて自己強化する効果もある。
 《鬼ガエル》効果を利用すれば容易に墓地へ送る事ができるが、あちらの効果の性質上、複数枚墓地に溜め込むメリットが少ない。
 強化値も特筆して高いわけではないため、この効果を無視して運用しても問題ないだろう。

 ただ、ガエルには他に融合モンスターが無く、このカードのためだけに融合召喚を行うカードを投入するのは躊躇われる。
 他にも《E・HERO アブソルートZero》などを投入し、腐らない工夫が必要である。

  • 《デスガエル》を3体《融合》させたので「サンデス」。
    「カエルさんです」とも受け取れる。
    英語名に翻訳される際も、この言葉遊びの要素が再現されている。
    《デスガエル》の英語名は《Des Frog》であるが、この「Des」の「e」を大文字にして左右反転すると「3」になる。)
  • "E"を"3"と表記するのはリート語に通じるものがある。
    (リート語については《マインド・ハック》を参照。)
  • 登場時、十代は「カッコいい」と喜んでいたが、観客である翔や剣山らは苦笑しつつ首や手を横に振って否定していた。
    とは言え、十代のそれは「強そうで格好いい」の意味だったようで、このモンスター《デスガエル》と同様「イケメンの王子様」を見ていたローズにはその十代も引き気味であった。

関連カード

効果イラスト関連

融合素材

同名カード3体を融合素材とするものは《青眼の究極竜》を参照。

収録パック等


Tag: 《ガエル・サンデス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 水属性 水族 攻2500 守2000 ガエル

広告