《ゴーティス・コスモス/Ghoti Cosmos》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):除外状態の魚族モンスターの数によって以下の効果をそれぞれ適用する。
●1体以上:このターン、自分の魚族モンスターは戦闘では破壊されない。
●4体以上:このターン、自分フィールドの魚族モンスターの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない。
●8体以上:EXデッキから魚族Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 WORLD PREMIERE PACK 2023で登場した通常罠
 除外されている魚族の枚数で効果適用できる効果を持つ。

 【ゴーティス】除外枚数も稼ぎやすい一方で帰還効果も多いため、この効果を狙うなら枚数調整には注意が必要。
 種類ではなく数であるため、同名カードが複数除外されている場合にもカウントできる。
 除外された魚族相手のものもカウントするため、【ゴーティス】ミラーマッチでは非常に強力になりやすい。
 なお、発動した時点での枚数を参照して、それぞれの効果を適用するカードである。

 「●1体以上:」の効果魚族戦闘破壊耐性を付与する効果
 魚族の場持ちを上げられ、適用条件が1体でよいため緊急回避的な使い方もしやすい。
 【ゴーティス】では相手ターンシンクロ召喚を警戒した相手に、展開リソースを残したまま適当なモンスターのみでシンクロ素材用のゴーティス戦闘破壊を狙われるケースも多い。
 この効果によって、戦闘破壊から守ることができれば大きく相手の思惑を狂わすことができる。
 同様に妨害効果を持つ《ゴーティスの朧キーフ》も展開前に戦闘破壊狙われやすいため、このカードで守ることができれば最大限妨害効果を活かせるだろう。

 「●4体以上:」の効果魚族モンスター効果の発動及びその発動した効果無効にされない効果
 相手の妨害を気にせず効果を通せるようになる。
 また効果無効特殊召喚する《ゴーティスの守人イーノック》のような特殊召喚効果特殊召喚した魚族効果適用することもできる。

 「●8体以上:」の効果エクストラデッキから魚族シンクロモンスターシンクロ召喚扱いで特殊召喚する。
 相手ターン発動する場合、《最果てのゴーティス》特殊召喚することになるだろう。
 「●4体以上:」の条件も同時に満たしているため、あちらの全体除外を確実に通す事ができ、かなり強烈な妨害カードになる。
 自分ターン相手ターンでも自分モンスターを巻き込みたくない場合には同じく全体除去を持つ《白闘気白鯨》が有力な選択肢となる。
 ゴーティス相手ターンでも発動できるとはいえメインフェイズに限られているが、このカードエンドフェイズにも使用できるため、全体除去後に再展開されるリスクを潰す使い方も可能なのが差別化点。

 ただし、この効果は8体の魚族除外が求められ、流石に【ゴーティス】でも簡単ではない。
 そのため、この効果のために特化して除外するか、あるいは発動できればラッキー程度に留め「●4体以上:」までを基本に考えた運用することも考えられる。

  • コナミのゲーム作品において―
    マスターデュエルでは、OCGの収録が発表されるよりも前に実装されており、OCGカード名テキストもこちらで先に判明していた。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ゴーティス・コスモス》 通常罠 ゴーティス

広告