《ゴッド・ブレイズ・キャノン》

速攻魔法
(1):自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体を選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。
このカードの発動と効果は無効化されない。
●このカードは相手の効果を受けない。
●このカードが戦闘を行う攻撃宣言時に、
このターン攻撃宣言をしていない自分フィールドの
他のモンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
●このカードが攻撃したダメージ計算後に発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した速攻魔法
 《ラーの翼神竜》に「相手効果を受けなくなる永続効果」「攻撃宣言時にモンスターリリースしてその攻撃力を得る誘発効果」「攻撃したダメージ計算後相手フィールドモンスターを全て墓地へ送る誘発効果」を付与する効果を持つ。

 付与できる効果の1つ目は相手効果を受けない耐性
 フリーチェーンかつ発動効果無効にされないため、自分ターン発動することで《ラーの翼神竜》に対する除去をほぼ完全に遮断できる。
 ライフポイント攻撃力に変換するリスクを間接的にケアできる点からも恩恵は大きい。
 また、他に付与される2種類の誘発効果も、妨害を受けることなく通す事ができるようになる。
 ただし、このカードチェーンされての除去を防ぐ事はできない。

 2つ目は戦闘を行う攻撃宣言時にモンスターリリースして攻撃力を自身に加算する効果
 1つ目の耐性を得た《ラーの翼神竜》攻撃力を集約することで、戦闘ダメージを通しやすくなる。
 モンスターリリースすることによるディスアドバンテージも、耐性を付与した《ラーの翼神竜》1ターンキルを達成すれば問題にならない。
 ただし発動攻撃宣言時になるため、他のモンスターを展開する段階で除去される可能性はある。
 他のモンスター攻撃宣言を封じる代わりに2回攻撃を付与する《『焔聖剣−オートクレール』》とは相性が良い。
 変わったところでは《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》との併用で相手モンスター1体を除去しながら攻撃力に変換することもできる。
 相手から攻撃を受けた際にも使えるが、他のモンスターを先に攻撃された場合には使えないため、自身の攻撃で使うのが主になるだろう。

 3つ目は攻撃した場合のダメージ計算後相手モンスターを全て墓地へ送る効果
 2つ目の効果《ラーの翼神竜》を可能な限り高攻撃力にして1ターンキルを狙う時場合はややシナジーが悪い。
 《ラーの翼神竜》による1ターンキルに成功すれば使う機会はなく、1ターンキルを逃した時に2つ目の効果モンスターリリースしていた場合は追撃できるモンスターがいなくなってしまう。
 除去から直接攻撃を行うだけなら《ラーの翼神竜》を自身の効果破壊して《ラーの翼神竜−不死鳥》を出せば事足りるため、《ラーの翼神竜》自身の攻撃力を生かしつつ後続に繋げる状況でなければ発動する意義は薄い。
 《太陽神合一》攻撃した《ラーの翼神竜》リリースして《ラーの翼神竜−不死鳥》蘇生しつつ追撃する場合であれば、ライフコストの節約と戦闘ダメージの増加を見込める。

 総じて《ラーの翼神竜》による1ターンキルを目的としたカードと言えるが、効果は他のサポートカードと被る部分が多い。
 耐性に関しては《神縛りの塚》でもかなりの範囲を補えるほか、アドバンス召喚する場合は《古の呪文》で2つ目の効果を使わずとも攻撃力を加算できる。
 使うなら、《ラーの翼神竜》が既にフィールドに存在するか特殊召喚できる状態で《ガーディアン・スライム》《神・スライム》に変えてこのカードサーチリリースによって強化するといった動きを狙うことになるか。

関連カード

モンスターリリースして別のモンスター攻撃力を加算する効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ゴッド・ブレイズ・キャノン》 魔法 速攻魔法 ブレイズ・キャノン

広告