《スケアクロー・ライトハート/Scareclaw Light-Heart》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/獣戦士族/攻 500
【リンクマーカー:左】
「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体
このカードをリンク召喚する場合、自分のメインモンスターゾーンのモンスターしかリンク素材にできない。
このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードがEXモンスターゾーンにリンク召喚された場合に発動できる。
デッキから「肆世壊=ライフォビア」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 POWER OF THE ELEMENTSで登場した闇属性獣戦士族リンクモンスター
 メインモンスターゾーンモンスターしかリンク素材にできない効果外テキストエクストラモンスターゾーンリンク召喚に成功した場合に、《肆世壊=ライフォビア》サーチする誘発効果《ヴィサス=スタフロスト》が存在する場合自己再生する起動効果を持つ。

 リンク素材スケアクローモンスターまたは《ヴィサス=スタフロスト》1体と緩く、リンク1であるため下級スケアクローを素材にするなら特別に展開が必要という訳ではない。
 自身もスケアクローであるため、《フォーマッド・スキッパー》コピーを利用してのリンク召喚も可能。
 ただし、メインモンスターゾーンモンスターしかリンク素材にできないという縛りがある。

 (1)は《肆世壊=ライフォビア》サーチする効果
 《肆世壊=ライフォビア》【スケアクロー】におけるキーカードであるが、カテゴリに属していないためサーチが難しく、この効果で安定してサーチできる意義は大きい。
 《肆世壊=ライフォビア》発動時にサーチできるモンスターは基本的に即座に自己特殊召喚でき、そこから後述のような様々な展開に繋がる。
 また、この効果に回数制限は無いため、1ターンに複数回発動可能。
 サーチ先の《肆世壊=ライフォビア》1ターンに1度の回数制限があるため、このカードを2度リンク召喚しても更なる展開に繋がることは少ないが、次ターンに備える意味でも狙う価値はある。
 ただし、エクストラモンスターゾーンリンク召喚できなければ効果発動できない。
 【スケアクロー】はその性質上、展開がうまくいけばエクストラモンスターゾーンが埋まるため、基本的には初動あるいは巻き返しのためにこの効果を利用することとなる。

 (2)は《ヴィサス=スタフロスト》が存在する場合に自己再生できる効果
 デュエル中に1度だが、コストなどもなく蘇生できる。
 《ヴィサス=スタフロスト》とは属性種族が異なるため、あちらの自己特殊召喚時に破壊するカードとしてこのカードを選ぶことも可能。
 このカード破壊して《ヴィサス=スタフロスト》特殊召喚した後、即座にこの効果発動することで、あちらの自己特殊召喚を実質ノーコストで行うことができる。
 (1)の効果サーチできる《肆世壊=ライフォビア》《ヴィサス=スタフロスト》サーチできるため、このカード1枚で上記のコンボまでスムーズに繋ぐことができる。
 蘇生後は低ステータスの特に効果を持たないモンスターとなるため、そのままリンク素材などに当てることになるだろう。
 エクストラモンスターゾーンのこのカード破壊して上記のコンボに繋げた場合、このカードを素材に新たな《スケアクロー・ライトハート》をリンク召喚できる。

関連カード

イラスト関連

―《スケアクロー・ライトハート》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《スケアクロー・ライトハート》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 闇属性 獣戦士族 攻500 スケアクロー

広告