《ダイノルフィア・ドメイン/Dinomorphia Domain》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、LPを半分払って発動できる。
自分の手札・デッキ・フィールドから、「ダイノルフィア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分のLPが2000以下で、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手の効果で発生する自分への効果ダメージは0になる。

 BATTLE OF CHAOSで登場した通常罠
 お互いメインフェイズライフコストを払い手札デッキフィールドモンスター融合素材ダイノルフィア融合召喚する効果ライフ2000以下で相手効果の発動時に自身を墓地から除外する事で、そのターン効果ダメージを受けなくなる効果を持つ。

 (1)はダイノルフィア融合召喚する効果
 似た効果を持つ《ダイノルフィア・フレンジー》との相違点についてはあちらを参照。
 こちらは手札フィールド融合もできるが、基本的にはデッキ融合を行いたい。
 《ダイノルフィア・テリジア》で容易にサーチできるため、融合召喚までスムーズに繋ぎやすいだろう。
 コスト重いが、ダイノルフィアライフが減る事によるメリットも多く、このカード融合召喚先の効果ともシナジーする。
 このカード《ダイノルフィア・ケントレギナ》融合召喚し、続けてあちらの(2)で墓地のこのカード除外する事で更にもう1体のダイノルフィア融合召喚できる。
 即座に融合モンスター2体を並べられるリターンは大きいが、ライフが一気に4分の1にまで減る点は注意。
 逆に言えば、ライフポイントが8000の状態からでも、多くのダイノルフィアカード発動条件となるライフポイント2000以下の状態を瞬時に作り出す事ができるため、それらとのコンボに利用する事もできる。

 (2)はダイノルフィア通常罠に共通する、そのターン中の効果ダメージを0にする効果
 相手バーンを用いるかは相手依存だが、デッキコンセプトによりライフを減らしつつ戦うため、不意の敗北に備えられる点は優秀。
 1枚でそのターン中全ての効果ダメージを0にできるため、バーンデッキ相手にする際には非常に優秀な効果となる。
 発動機会が来ない場合には、下級ダイノルフィア墓地コストにしてしまえばよい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ダイノルフィア・ドメイン》 通常罠 ダイノルフィア

広告