《デスピアン・クエリティス》

融合・効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
「デスピア」モンスター+光・闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル8以上の融合モンスターを除く、フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「デスピア」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性悪魔族融合モンスター
 レベル8以上の融合モンスター以外のフィールドモンスター攻撃力を0にする誘発即時効果相手効果除去された場合にデスピアまたは《アルバスの落胤》サーチリクルートする誘発効果を持つ。

 現状のデスピアは全て闇属性に属するので、デスピア2体での融合召喚も可能。
 また、闇属性汎用性の高いモンスターが多いので、デスピア以外のモンスターの採用比率が高くとも融合素材の調達は難しくない。
 《アルバスの落胤》を含む場合、デスピアとも関連が深い烙印に属する《白の烙印》での墓地融合も可能となる。
 言うまでもないが、《超融合》相手光属性闇属性モンスターを巻き込んで融合召喚するのも悪くない。

 (1)はフィールドモンスター全体の攻撃力を0にする効果
 自身を含めたレベル8以上の融合モンスターは影響を受けないので、融合モンスターを主軸とするデッキを組めば相手にのみ一方的に影響を与えられる。
 自分ターンに使えば単体でも2500の戦闘ダメージを狙え、相手ターンに使えば相手戦闘行為を妨害できる。
 ただ、自分モンスターも巻き込むため、使いどころはよく考えたい。
 相手ターンに迂闊に使うと巻き込まれたモンスターは無防備になり、後から出されたモンスターの的にされてしまう。

 (2)はデスピアまたは《アルバスの落胤》サーチリクルート効果
 トリガーは受動的だが、(1)により戦闘には強い一方で効果耐性が全くないモンスターなので必然的に除去は受けやすい。
 3000打点を持つ最上級モンスター《デスピアの大導劇神》リクルートすれば相手に与えるプレッシャーもそれなりである。
 下級デスピアではそこそこの打点と烙印サーチ効果を持つ《デスピアの導化アルベル》が狙いどころ。
 また、相手フィールドの状況次第ではあるが、《アルバスの落胤》リクルートすればその効果モンスター除去を行いつつ後続の融合モンスターを即座に確保できる。

 《デスピアの大導劇神》融合素材にしていれば、あちらを特殊召喚できランク8を出せる。
 《デスピアン・クエリティス》の(1)を使用後に《No.97 龍影神ドラッグラビオン》エクシーズ召喚《No.100 ヌメロン・ドラゴン》特殊召喚すれば9000の戦闘ダメージを与えられ1ターンキルとなる。

関連カード

―《デスピアン・クエリティス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《デスピアン・クエリティス》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 悪魔族 攻2500 守2500 デスピア

広告