《ビッグウェルカム・ラビュリンス/Big Welcome Labrynth》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・デッキ・墓地から「ラビュリンス」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
その後、自分フィールドのモンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
自分フィールドにレベル8以上の悪魔族モンスターが存在する場合、
代わりに相手フィールドのカード1枚を対象とする事もできる。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した通常罠
 手札デッキ墓地からラビュリンス特殊召喚自分モンスター1体をバウンスする効果、自身を墓地コスト自分悪魔族レベル8以上の悪魔族がいれば代わりに相手フィールドのカード)をバウンスする効果を持つ。

 (1)はラビュリンス特殊召喚と、自分モンスターバウンス
 特殊召喚の範囲は手札デッキ墓地と非常に幅広いので、ほぼ任意のラビュリンスを展開可能と言ってよい。
 ただし、その後自分モンスター1体をバウンスせねばならないので、他にモンスターがいない状況で発動した場合は実質サーチサルベージに等しい。
 そのケースでは、手札から特殊召喚可能な効果を持つものや、手札誘発効果を持つものを選ぶと良いだろう。
 他のモンスターが存在すればそちらと入れ替える効果にもなり、バトルフェイズの追撃やサクリファイス・エスケープなどにも利用できる。
 《天獄の王》は特に相性がよく、自身の効果特殊召喚した際にこのカードデッキからセットでき、フィールドではバニラなのでバウンスしても問題なく再度手札での効果を利用できる。

 (2)の通常の効果自分悪魔族バウンス
 上記同様に、召喚特殊召喚時の誘発効果手札誘発の再利用、サクリファイス・エスケープなどに活用すると良いだろう。

 自分レベル8以上の悪魔族コントロールしていれば相手フィールドのカードにまで対象範囲が広がり、除去効果としても利用できる。
 墓地効果でのフリーチェーン除去と非常に防がれにくい除去であるが、公開情報故に読まれやすい点と、(1)と同一ターンに使用できない点は注意。

 (1)でレベルラビュリンスを展開し、そのまま維持できれば次のターンの(2)で後半の効果適用できる。
 《白銀の城のラビュリンス》を展開した場合、あちらの(2)で墓地のこのカードを再利用できる他、こちらの(2)があちらの除去効果トリガーとしても機能する。
 一方、《迷宮城の白銀姫》特殊召喚効果を持つため、仮に(1)で展開してそのままバウンスした場合でも再展開が狙いやすい。
 あちらの(3)でこのカードデッキからセットする事もできる点で相互シナジーも強いと言える。

 自分モンスターバウンスは、一部のラビュリンスの"通常罠効果モンスターフィールドから離れた場合"のトリガーにもなる。
 また、ラビュリンス手札発動できる効果を持っているモンスターが多く、バウンスしても活用しやすい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ビッグウェルカム・ラビュリンス》 通常罠 ウェルカム・ラビュリンス ラビュリンス

広告