《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン/White-Horned Dragon》

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1400
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手の墓地の魔法カードを5枚まで対象として発動する。
そのカードを除外し、このカードの攻撃力は
その除外したカードの数×300アップする。

 Vジャンプ(2005年11月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 相手墓地魔法カード除外して自己強化する、強制効果誘発効果を持つ。

 元々の攻撃力は高くはないが、自己強化により1枚の除外でも上級モンスターの基準値である2500、5枚除外できれば3700まで上がる。
 魔法カード墓地に何枚存在するかは相手依存だが、サーチ魔法カードに依存するデッキも少なくないため、2〜3枚程度ならすぐにでも達成できる事が多い。

 相手墓地魔法カードを複数枚除外できるため、墓地魔法カードサルベージして使いまわす【シャドール】【ジェムナイト】【コアキメイル】墓地魔法カードの数を参照とする【閃刀姫】などへのメタとなる。
 第9期以降増えている墓地から除外することで効果を発動する魔法カードに対する妨害も期待できる。

 自己特殊召喚効果は持たないが、《竜魔人 キングドラグーン》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》などドラゴン族特殊召喚手段が豊富なので出すのは難しくない。
 レベル5以上の闇属性ドラゴン族なので《ライトパルサー・ドラゴン》に対応し、効果無効になるが《ヴァレット・シンクロン》でも蘇生できる。
 相手ターン特殊召喚できれば妨害の影響力も高いので、《天球の聖刻印》や汎用蘇生カードを利用するのもいい。
 ただしその場合、《D.D.クロウ》のようにサルベージなどに直接チェーンして特殊召喚しても発動タイミング上間に合わないことには注意。
 既にこのカードの存在がバレているなら尚更早めのサルベージや自己除外を狙ってくるので、欲張らずにキーカード墓地に落ちたら即座に除外を狙うのが堅実だろう。

  • 原作での能力をOCG風に記すと以下の通り。
    一度だけの攻撃抑制と、攻撃力上昇能力を兼ね備えたモンスターであった。
    効果モンスター
    星6/?属性/ドラゴン族/攻2200/守1400
    このカードに攻撃した相手モンスターの魔法攻撃を無効にし、
    このカードの攻撃力は、攻撃モンスターの攻撃力分アップする。
    このカードが攻撃したダメージ計算後に、効果で得られた攻撃力は失われる。
    この効果は、フィールドにいる限り1回しか使えない。
    魔法攻撃という区分をOCGで再現するのはさすがに無理があったのか、OCG化に際して全く別物の効果となっている。
    しかし「相手の魔法を1度だけ吸収して攻撃力を上げる」という点でイメージは保たれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手墓地魔法カードがない状況で召喚・特殊召喚に成功した場合、効果発動しますか?
A:強制効果のため発動しますが、対象が存在しないため処理を行うことができず、適用されません。(14/05/08)


Tag: 《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻2200 守1400

広告