《マーダーサーカス/Crass Clown》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1350/守1400
フィールド上に守備表示で存在するこのカードが表側攻撃表示になった時、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。

 BOOSTER7で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 相手フィールド上のモンスター手札戻す誘発効果を持つ。
 《デビル・ボックス》融合素材

 《ドリーム・ピエロ》発動条件を逆さにして、除去方法をバウンスにしたカード
 反転召喚の他、効果により攻撃表示へ変更した場合も効果発動できる。
 相手ターン守備表示特殊召喚して、次の自分ターン表示形式を変更しても良い。
 《レベル制限B地区》がある時に攻撃表示にすると、効果発動しつつ即座に守備表示にでき、毎ターンバウンスが可能になる。

 類似効果《番兵ゴーレム》は、このカードより高い守備力コンボなしでも毎ターンバウンスを行える効果を持つ。
 このカード反転召喚以外でも発動できるため、サポートカードの調達さえできればフィールドに出したターンから発動でき、1ターンに複数回発動できる可能性がある点で勝る。
 種族属性の差異に加え、エクストラデッキ《デビル・ボックス》がある間は融合関連カードも使えるので、《番兵ゴーレム》とは大幅に異なった動きができる。

 《ドリーム・ピエロ》と共に《デビル・ボックス》融合素材に指定されている。
 《デビル・ボックス》エクストラデッキに投入すれば《融合準備》《融合派兵》サーチリクルートでき、さらに両者の効果の特性は類似しているので、2枚を併用するコントロールデッキを組めるだろう。
 《ドリーム・ピエロ》程の即効性はないが、【つまずき】では効果を発揮しやすいので投入するのも悪くない。

  • モデルは、米国にて実在した連続殺人者ジョン・W・ゲイシーだろう。
    地元イリノイ州の名士として知られていたが、同時に同性愛者や男児らを30人以上も手にかけていたとされる。
    子供が喜ぶピエロの姿に扮することが多かったことから、「キラー・クラウン/殺人道化/殺人ピエロ」などの異名を持つ。
  • 「マーダー(Murder)」は「殺人」といった意味である。
    英語名は直訳すれば「粗野な道化師」だが、「Class Clown(クラスのお調子者)」というムードメーカーを意味する熟語があるため、そちらとの語呂合わせか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「闇のサーカスで踊るピエロ その踊りを見ていると力が抜ける」と書かれている。
  • DUEL TERMINALではイェーガーが使用。
    プレイヤーもイェーガーの隠しデッキで使用できる。

関連カード

効果関連

融合関連

収録パック等

FAQ

Q:《最終突撃命令》適用中に、セットされたこのモンスター攻撃されました。
  効果発動するのは、攻撃表示になった直後ですか?リバース効果と同じタイミングですか?
A:リバース効果と同じタイミングです。(10/12/16)


Tag: 《マーダーサーカス》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1350 守1400

広告