《ミュステリオンの竜冠(りゅうかん)

融合・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻3000/守1500
魔法使い族モンスター+ドラゴン族モンスター
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの攻撃力は除外されている自分のカードの数×100ダウンする。
(2):発動したモンスターの効果によって、
そのモンスターまたはそのモンスターと元々の種族が同じモンスターが特殊召喚された場合、
その特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスター及びそのモンスターと元々の種族が同じフィールドのモンスターを全て除外する。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した光属性魔法使い族融合モンスター
 融合素材にできない効果外テキスト自分除外されたカードの数×100弱体化する永続効果モンスター効果でそのモンスターと同種族特殊召喚された場合、そのモンスター及び同種族モンスターを全て除外する誘発効果を持つ。

 融合素材ドラゴン族魔法使い族が指定されている。
 ドラゴン族魔法使い族共に見かける機会は多いため、《アルバスの落胤》《超融合》による相手モンスターを巻き込んでの融合召喚も狙いやすい。
 融合召喚を行うデッキに、汎用性の高いモンスターエクストラデッキ縛りの緩いモンスター融合素材を調達しても良いだろう。
 《ドロドロゴン》融合召喚効果を持つドラゴン族であり、レベル6のシンクロ召喚が可能なデッキに適用な魔法使い族を採用すれば融合召喚可能。
 遅さはあるが、罠モンスター《量子猫》《鏡像のスワンプマン》種族宣言する事で足りない方の種族を用意できる。
 魔法使い族を用意するだけなら、《サクリファイス・アニマ》《副話術士クララ&ルーシカ》《星杯神楽イヴ》霊使いリンクモンスター《落消しのパズロミノ》《見習い魔嬢》と、リンク2以下のリンクモンスターに豊富に存在している。
 《円融魔術》《白の烙印》《転臨の守護竜》など、墓地融合の方法も多彩だが、その場合は(1)により攻撃力が下がってしまう。
 とはいえ、他にカード除外されていなければ攻撃力2800は保てるので、戦闘要員としては十分な数値となる。

 (1)は自己弱体化効果
 倍率は小さいものの、カードの種類に関係なく裏側表示で除外もカウントするため《強欲で貪欲な壺》などで大量に除外している場合はアタッカーとしては使いにくくなってしまう。
 あえて除外と併用し《烙印の裁き》で下がった攻撃力を利用して除去を行うのも面白い。
 (2)で自分カード除外される場合はその枚数に応じて弱体化することになるため、運用時にはその点は意識しておく必要があるか。

 (2)は除外による除去効果
 テキストがやや回りくどいが、「チェーンブロックを作り自身を特殊召喚したモンスター」または「同じ種族モンスターチェーンブロックを作る効果により特殊召喚されたモンスター」が対象となる。
 前者としては自己再生等が該当するが、半上級モンスターのような手札からの自己特殊召喚にはチェーンブロックを作らないものも多いため注意が必要。
 この場合は相手種族混合デッキでも単体除去として使え腐らないが、1ターンに1度のため使いどころを見極める必要がある。
 後者の場合は種族またはカテゴリ特殊召喚を幅広くカバーできる。
 なお、このトリガー自分特殊召喚でも良いため、ミラーマッチ等では能動的に発動することも可能である。

 対象モンスターに加え、フィールドの同じ種族も全て除外するため、種族を統一したデッキに対する除去能力は高い。
 ただし、参照するのはトリガー除去ともに元々の種族であるため、《DNA改造手術》等で強制適用することはできない。
 また、自分フィールドモンスター除外されるので、魔法使い族対象とした場合はこのカード自身も除外されてしまう点は注意。

  • 「ミュステリオン/mysterion」はキリスト教の宗教用語であり、「信徒以外には秘密とされている宗教儀礼」をいう。
    原義としてギリシア語の「目や口を閉ざす」を意味するmyeinに由来する。
    古代ギリシア・ローマにおいて、多くの宗教がこのような密教のように秘密の儀礼の執行を特徴としていた。

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《マジカル・コンダクター》の(2)の効果(魔法使い族モンスター発動した効果)でこのカード特殊召喚した場合、自身を対象発動できますか?
A:いいえ、できません。(21/02/14)


Tag: 《ミュステリオンの竜冠》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻3000 守1500 融合素材にできない

広告