《リアクター・スライム》

効果モンスター
星4/水属性/水族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドに「スライムモンスタートークン」(水族・水・星1・攻/守500)2体を特殊召喚する。
このターン、自分は幻神獣族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):自分・相手のバトルフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「メタル・リフレクト・スライム」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した水属性水族下級モンスター
 スライムモンスタートークン2体を特殊召喚する起動効果、自身をリリースして手札デッキ墓地より《メタル・リフレクト・スライム》セットする誘発即時効果を持つ。

 (1)はスライムモンスタートークン2体を特殊召喚する効果
 幻神獣族モンスターしか召喚特殊召喚できない制約も発生するため、三幻神アドバンス召喚を狙うことになる。
 三幻神アドバンス召喚するためには、このカード召喚権を使わずに出す、あるいは《古の呪文》などによって召喚権を増やす必要がある。

 なおこのカードの制限は、残存効果であり、効果発動前の展開は自由である。
 制限も次のターンには解除されるため、トークン共々《スチーム・シンクロン》などとシンクロ素材に当ててもよい。
 アドバンスセットなら三幻神以外もリリースして出せるため、併用する手もある。
 《連撃の帝王》相手ターンに3体をリリースして《神獣王バルバロス》アドバンス召喚する方法もあり得る。

 《古の呪文》とは相性がよく、あちらと2枚で《ラーの翼神竜》アドバンス召喚が行える。
 ただし、この場合あちらの効果で決定される《ラーの翼神竜》攻撃力は1500しかなく、《ラーの使徒》で得られる3300と比べてかなり低い。
 こちらは手札に複数枚引き込んでもディスアドバンテージにならない点や、《ラーの翼神竜−球体形》アドバンス召喚も狙える点などを活かすとよい。
 《ラーの翼神竜−不死鳥》を出すことを目的とするなら攻撃力はそもそも必要がないため、こちらをリリースしてもいい。

 (2)はバトルフェイズ中に自身をリリースして《メタル・リフレクト・スライム》セットする効果
 セットして即座に使えるため、《メタル・リフレクト・スライム》相手ターン中のにすることができる。
 返しの自分ターンになってから《神・スライム》特殊召喚すれば他のモンスターを守れる。
 自分バトルフェイズでも使えるので、メインフェイズ2で《メタル・リフレクト・スライム》リリースして《神・スライム》を出すことも可能。
 ただし、メインフェイズ1で(1)を使用した場合はメインフェイズ2で《メタル・リフレクト・スライム》発動することはできないので注意。

 自分ターンスライムモンスタートークンを生成し、次の相手ターン《メタル・リフレクト・スライム》発動して《ラピッド・トリガー》を使えば《神・スライム》融合召喚できる。
 もう1体のスライムモンスタートークンを守ることも可能。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《リアクター・スライム》 モンスター 効果モンスター 星4 水属性 水族 攻500 守500 リアクター

広告