宇宙(うちゅう)法則(ほうそく)/Law of the Cosmos》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手は自身の手札・デッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
セットした場合、自分はデッキから「人造人間−サイコ・ショッカー」1体を特殊召喚する。
セットしなかった場合、自分は「人造人間−サイコ・ショッカー」1体
またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した通常魔法
 相手罠カードセットするかを選ばせ、セットした場合に《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚する効果セットしなかった場合にモンスターサーチする効果を持つ。

 相手罠カード手札デッキからセットするかによって処理が変わる。

 相手罠カードセットした場合、自分《人造人間−サイコ・ショッカー》リクルートできる。
 結果として、その罠カード発動できないまま残るが、《人造人間−サイコ・ショッカー》が処理されれば、その罠カード相手に使用されてしまう。
 万全を期すなら《電脳エナジーショック》などと合わせて、発動を封じている間に処理したい。
 《人造人間−サイコ・ショッカー》を出すだけでなく、罠カードが増えることで《人造人間−サイコ・ジャッカー》《サイコ・ギガサイバー》のサポートも可能になる。
 もっとも、こうしたサポートの存在を考えれば、相手罠カードセットしてこない可能性も十分ある。

 相手罠カードセットしなかった場合、《人造人間−サイコ・ショッカー》またはそのカード名が記されたモンスターサーチできる。
 特に、自己特殊召喚効果を持つ《脅威の人造人間−サイコ・ショッカー》ならサーチして特殊召喚でき、《人造人間−サイコ・ショッカー》に繋げることも可能。
 《魔鏡導士サイコ・バウンダー》を経由する事で実質的に《人造人間−サイコ・ショッカー》及びそのサポートカード全てにアクセスできる。

  • 原作・アニメにおいて―
    カード名の元ネタは、「城之内vs絽場」戦開始時における絽場の台詞「この時間!この空間でボクが決闘を制することは宇宙の法則となる!」からだろう。
    イラストは絽場が「宇宙のエネルギーを感じる・・・それらはボクの身体に浸透しやがてひとつになる・・・」という台詞を発したシーンを元にしてると思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    「デュエルリンクス」では同名のエスパー絽場専用スキルが存在する。
    内容はサイキック族または人造人間のランダムサーチであり、このカードとは異なる。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》デッキに存在せず《人造人間−サイコ・ショッカー》カード名が記されたモンスターのみデッキに存在する場合、《宇宙の法則》を発動することはできますか?
  また出来る場合《人造人間−サイコ・ショッカー》《人造人間−サイコ・ショッカー》カード名が記されたモンスターの両方がデッキに存在しない場合、《宇宙の法則》を発動することはできますか?
A:《人造人間−サイコ・ショッカー》カード名が記されたモンスターしか存在しない場合でも、《宇宙の法則》を発動することはできます。
  その場合、相手罠カードセットした場合は、「セットした場合、自分はデッキから「人造人間−サイコ・ショッカー」1体を特殊召喚する。」処理を適用せず効果処理を完了します。
  セットしなかった場合は、通常通り《宇宙の法則》の効果処理を行います。
  なお、《人造人間−サイコ・ショッカー》《人造人間−サイコ・ショッカー》カード名が記されたモンスターが両方存在しない場合は、《宇宙の法則》を発動することはできません。(20/07/30)

Q:自分発動し、相手セットしました。
  自分発動したカード効果相手カードセットする状況ですが、自分《ブラッド・メフィスト》の『相手魔法・罠カードセットした時』という条件を満たせますか?
A:はい、条件を満たしているため《宇宙の法則》の効果処理後に《ブラッド・メフィスト》効果発動します。(20/08/01)


Tag: 《宇宙の法則》 魔法 通常魔法

広告