音響戦士(サウンドウォリアー)ロックス》

シンクロ・ペンデュラム・効果モンスター
星7/風属性/機械族/攻2500/守1500
【Pスケール:青10/赤10】
このカード名の(1)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
そのモンスターとこのカードを破壊する。
【モンスター効果】
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(2):自分のフィールドゾーンに「アンプリファイヤー」が存在する場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 DIMENSION FORCEで登場した風属性機械族シンクロペンデュラムモンスター
 以下の2つのペンデュラム効果と3つのモンスター効果を持つ。

 初のシンクロ素材縛りが無いシンクロペンデュラムモンスターであり、レベルも7と出しやすい部類に入る。
 (2)のモンスター効果以外は汎用的な効果であり、シンクロ素材となったペンデュラムモンスターを回収できるためシンクロ召喚のギミックが入った【ペンデュラム召喚】ならば音響戦士無しでも採用が検討できるだろう。
 【音響戦士】においては、手札3枚の場合に《音響戦士ギータス》《音響戦士ベーシス》蘇生すれば、消費を抑えつつ回収先を用意してシンクロ召喚できる。

 (1)のペンデュラム効果およびモンスター効果エクストラデッキ表側表示ペンデュラムモンスター手札加えるもの。
 【ペンデュラム召喚】は勿論、ペンデュラムモンスターの採用枚数をある程度で留めている程度のデッキでも1〜2枚は用意する事は難しくない。

 (2)のペンデュラム効果は自身と攻撃宣言した相手モンスター破壊
 公開情報故にメインフェイズの間に対処される可能性はあるものの、汎用的に使える除去且つ防御効果であり、あって困るものではない。

 (2)のモンスター効果《アンプリファイヤー》が存在する場合の汎用除去
 このカード《アンプリファイヤー》の2枚を維持する必要があるが、毎ターン対象を取らない除去を行いつつ《アンプリファイヤー》音響カウンターを溜められる理想的な動きとなる。
 《ゲネラールプローベ》が存在すればシンクロ召喚時ないしシンクロ素材音響戦士の準備時に《アンプリファイヤー》を準備できる。
 なお、自分フィールドのカード破壊する事もできるため、破壊された場合の効果トリガーとするのも良いだろう。

 (3)のモンスター効果破壊された場合のペンデュラムゾーンへの移動。
 少々勿体ないが、(2)で自身を破壊すれば能動的に発動させる事ができ、(1)のペンデュラム効果による回収に繋がる。
 《ペンデュラム・スイッチ》特殊召喚することでモンスター効果をさらに使用することもできる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《音響戦士ロックス》 モンスター シンクロモンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 風属性 機械族 攻2500 守1500 スケール10 音響戦士 ウォリアー

広告