灰燼竜(かいじんりゅう)バスタード/Titaniklad the Ash Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 融合素材モンスターの元々のレベル合計×100の自己強化する永続効果融合召喚に成功したターンのみ特定の耐性を得る永続効果墓地へ送られたターンエンドフェイズドラグマ《アルバスの落胤》サーチリクルートする誘発効果を持つ。

 名指しで指定されている《アルバスの落胤》効果によって融合召喚する場合、融合素材に指定されている攻撃力2500以上のモンスター相手フィールドから選ぶことになる。
 昨今は高攻撃力モンスターが存在する事は珍しくないため、融合素材の調達自体は難しくない。
 壊獣《トーチ・ゴーレム》送りつけたり、《禁じられた聖杯》等で攻撃力強化することでも素材を確保できる。
 相手フィールドに該当のモンスター特殊召喚された場合に《アルバスの落胤》特殊召喚してこのカード融合召喚し、相手の展開を阻害するのも手。

 なお、《アルバスの落胤》自身の効果を使わず、他の融合召喚手段で出す場合は自分モンスターのみでの墓地融合なども可能である。
 融合素材代用モンスターでも代用可能であり、そちらをフィールドに立てておき《超融合》融合召喚する手もある。

 (1)は永続的な自己強化
 《アルバスの落胤》レベル4なので、エクシーズモンスターリンクモンスター融合素材に使用しても最低400強化される。
 高レベルモンスターを利用できれば1000以上の強化も狙え、高い攻撃力を期待できる。

 (2)はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対する効果耐性
 融合召喚したターンのみしか適用されないので、自分ターンに出した場合は一部の誘発効果誘発即時効果を防げる程度である。
 最大限活用するのならば、相手ターン《アルバスの落胤》特殊召喚して融合召喚すると良いだろう。

 (3)はドラグマまたは《アルバスの落胤》サーチリクルート
 エンドフェイズと遅さはあるが、状況に応じて対応先及びサーチリクルートかを選べるので融通は利く。
 《教導の騎士フルルドリス》なら相手ターンにも特殊召喚できるので遅さも気にならない。
 《教導の聖女エクレシア》リクルートすれば間接的にドラグマ魔法・罠カードサーチできる。
 フィールドからに限定されていないため、ドラグマ関連のカードエクストラデッキから直接墓地へ送って発動を狙うのも良い。
 ドラグマを一切採用しない場合でも、2枚目の《アルバスの落胤》リクルートして2体目のこのカード融合召喚するというサイクルが行える。

  • 灰塵」とは文字通り灰とちりのことを指し、そこから転じて「とるに足らないもの」を例える言葉として用いられる他、「跡形もなく砕けること」を表現する際にも用いられる。

関連カード

―《灰燼竜バスタード》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《灰燼竜バスタード》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2000

広告