虚無の統括者(ヴァニティー・ルーラー)/Vanity's Ruler》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2500/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はモンスターを特殊召喚できない。

 CYBERDARK IMPACTで登場した光属性天使族最上級モンスター
 自身の特殊召喚ができない召喚制限相手特殊召喚を封印する永続効果を持つ。

 相手のあらゆる特殊召喚を封殺するというきわめて強力な制圧力を持つ。
 自身のステータス最上級モンスターでは低めではあるが、それでも下級モンスターではまず突破されないステータスなので、相手が展開する前に出せれば戦闘破壊もされにくい。
 自分特殊召喚には影響しない点が売りであり、他のモンスターと並べる事で更に制圧力を高めたり、除去効果を持つモンスターと併用して一気呵成に攻めたりといった戦術も考えられる。
 ただし、コントロール奪取は逆にこちらのみが一方的に封殺される羽目となるため天敵であり、特に魔法・罠カード《精神操作》《大捕り物》は要注意。

 このモンスター自身も一切の特殊召喚が行えないという制約が大きな難点で、召喚権を温存しつつリリースを揃える、召喚権を増やす、リリース無しで召喚する、等の工夫が求められる。
 【光属性】に寄せた構築にするのならば《フォトン・サンクチュアリ》の使い勝手が良いだろう。
 【天使族】では、《エンジェルO1》手札のこちらを公開する事で特殊召喚でき、更に召喚権も追加できるのでシナジーが強い。
 ダブルコストモンスター《ジェルエンデュオ》を何らかの形で特殊召喚し、あちらをリリースする手段もある。
 汎用カードでは、《冥帝従騎エイドス》《天帝従騎イデア》《死皇帝の陵墓》《二重召喚》《サモンチェーン》等も存在する。

 他のカードと比較すると、同レベル・同種族・同属性で類似する封殺効果を持つ《大天使クリスティア》の存在はネックとなる。
 あちらはよりステータスが高く、召喚制限が無いばかりか自己特殊召喚効果も持つため手札事故にもなりにくいと、扱いやすさでは確実にこちらを上回る。
 同様に《虚無魔人》も競合先となり、こちらと同じく一切の特殊召喚が行えないが、リリース1体で召喚できる手軽さで明確に勝る。
 一応、こちらは自分特殊召喚を封じない点でそれらより勝っており、現環境では特殊召喚封じだけで制圧し続ける事は難しいため追加の展開ができる点は大きな長所となる。
 ただ、自分が展開を行った後、一番最後にフィールドに出して蓋をするのであればこの点は問題になりにくい。
 次のターンまで維持できれば意味が出てくるが、その点においては前述の魔法・罠カードに無力と言う点が大きく足を引っ張る。
 単純に特殊召喚を封殺するモンスターという使い方だけで見れば、類似のモンスターの後塵を拝すのは否めないだろう。

 このモンスターが真価を発揮できるデッキ【ドライトロン】(特に【ドライトロン宣告者】)である。
 光属性天使族なので《サイバー・エンジェル−弁天−》サーチでき、腐って宣告者手札コストに充てられる。
 それだけならば《大天使クリスティア》でもできるが、このカード《名推理》《モンスターゲート》でめくられた場合も特殊召喚されずに墓地へ送られる点が重要。
 【ドライトロン】でそれらのカード墓地肥やしを行う場合、モンスター特殊召喚されてしまうとそのターンレベルドライトロンが展開できなくなってしまうのだが、このカードの場合はその展開を阻害しない。
 また、展開力が高い【ドライトロン】では自分の展開に影響しない利点も大きく、《崇光なる宣告者》と並べればこちらの弱点である魔法・罠カードにも対応できる。
 課題であるリリースの準備も、召喚権を使わずにフィールドに出せるレベルドライトロンを活用する事で楽に揃えられる。

 それ以外では、上記召喚サポートを複数採用した【エンジェル・パーミッション】に投入する手もあり、《人造天使》の邪魔をしない点で《大天使クリスティア》に勝る。
 最上級モンスターアドバンス召喚を主体とする【冥界軸最上級多用】にも検討でき、リリース要員となる小型モンスター特殊召喚を阻害しない点でこちらに分がある。
 また、《ハードアームドラゴン》リリースして召喚すれば、特殊召喚を一方的に封じる効果破壊不能な非常に強固なモンスターとなる。
 【帝コントロール】のようにエクストラデッキに頼らないのであれば《進撃の帝王》も心強い。

 どちらのデッキでも維持がしやすいので次ターン以降に自分特殊召喚できるメリットも活かしやすい。
 また、現環境で有力な手札誘発である《原始生命態ニビル》に強い点も大きな長所。
 同種のモンスターと違い、あちらの条件を満たす前に真っ先に召喚してしまっても、自分の展開を阻害しない。

関連カード

相手のみ特殊召喚を封じる永続効果を持つモンスター

  • 《虚無の統括者》

―類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドに《虚無の統括者》が表側表示で存在する時に、自分《浅すぎた墓穴》発動する事はできますか?
A:はい、発動できます。
  その場合自分のみが特殊召喚を行う処理になります。(10/07/14)

Q:自分フィールドに《虚無の統括者》が表側表示で存在する時に、自分《地獄の暴走召喚》発動する事はできますか?
A:発動できます。(13/03/14)

Q:このカードリリースして、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできますか?
A:このカードリリースして《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》特殊召喚することはできません。
  自分がこのカードリリースして《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできます。(09/02/03)


Tag: 《虚無の統括者》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2500 守1600 特殊召喚不可

広告