綱引犬会(チュナヒキタイカイ)

フィールド魔法
(1):お互いのプレイヤーは自身のドローフェイズに通常のドローをした時、
それがチューナーだった場合、そのカードを相手に見せて発動できる。
この効果を発動したプレイヤーはデッキから2枚ドローする。
(2):このカードの(1)の効果で相手がドローした時に発動する。
自分は2000LPを失い、このカードを墓地へ送る。

 PROMOTION PACK 2023で登場したフィールド魔法
 通常のドローチューナープレイヤーがそのカード公開する事で2枚ドローする効果相手が(1)でドローした時に2000のライフロスとこのカード自壊する効果を持つ。

 (1)は通常のドローチューナーを引いたプレイヤーが2枚ドローできる効果
 デッキの大部分がチューナーで構成されている【チューナー】であれば発動機会は多い。
 しかし、普通に発動してもドローは次の自分ターンドローフェイズであるため、遅いのが難点。
 相手ターン《メタバース》発動してしまうのが手っ取り早いだろう。
 また、相手もこの効果発動できるため、相手に塩を送ることにもなりかねないのは注意が必要。
 《マインド・オン・エア》《真実の眼》など相手手札公開させるカードがあれば利用を防ぐことができる。
 ただし、《正々堂々》のようにお互い公開させると自分も使えなくなってしまう。

 (2)は相手が(1)でドローした場合に自分ライフロスとこのカード自壊
 汎用性のある手札誘発チューナーには《エフェクト・ヴェーラー》妖怪少女があり、殆どのデッキチューナーが採用されているとも言える。
 相手がこれらをドローし(1)を発動したら目も当てられないため、できれば自分ターンのうちに除去してしまいたい。
 また、(1)でドローしなければ(2)は発動しないため、《灰流うらら》などでドロー自体を無効にすれば(2)が発動されることもない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《綱引犬会》 魔法 フィールド魔法

広告