水月(すいげつ)のアデュラリア》

効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の魔法&罠ゾーンに表側表示でカードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数×600アップする。
(3):自分の魔法&罠ゾーンの表側表示のカード2枚を墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。

 Vジャンプ(2022年8月号) 付属カードで登場した水属性魔法使い族上級モンスター
 自分魔法&罠ゾーン表側表示カードが存在する場合に手札から特殊召喚できる召喚条件フィールド表側表示魔法・罠カードの数×600ステータス自己強化する永続効果自分魔法&罠ゾーン表側表示カード2枚を墓地へ送る事でレベル4以下1体をデッキから墓地へ送る起動効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 ペンデュラムモンスター永続魔法装備魔法永続罠などをある程度採用したデッキならば条件は容易く満たせる。
 宝玉獣の様に自身の効果魔法&罠ゾーンに置かれるカードとも相性は良い。
 特殊召喚が容易なレベル水属性のため、(2)以降の効果を無視して《No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ》エクシーズ素材にするのも手。
 【ダイナミスト】レベル属性が一致するペンデュラムモンスター中心のデッキであり、エクシーズ召喚も狙いやすい。

 自己特殊召喚効果を持つレベル5としては腐る可能性は低く、他のモンスターの存在に影響されないため他のモンスターとも並べやすい。
 【ランク5】は勿論、レベル5の非チューナーを必要とする【インティ&クイラ】でも採用を検討できる。
 【インティ&クイラ】と相性がいい《スキルドレイン》との相性は良くないが、特殊召喚して即座にシンクロ素材にするだけであれば何も支障は無い。
 ただし、よりシンクロ召喚に繋げやすい《使神官−アスカトル》《死神官−スーパイ》も存在する為、エクシーズ召喚リンク召喚ができる点で差別化する必要がある。

 (2)はステータス自己強化
 倍率は600と高く、(1)を満たすために永続カードペンデュラムモンスターを採用しているはずなので、それなりの数値は見込みやすい。
 相手フィールドもカウントするため、相手デッキ次第ではかなりのステータスも望めるだろう。
 なお、この効果のみ参照するのが魔法&罠ゾーンではなくフィールドであるため、フィールド魔法罠カードとしても"扱う"罠モンスターも倍率に含める。

 (3)は下級モンスター墓地肥やし
 レベル4以下と墓地へ送る範囲は非常に広く、効果の発動等のデメリットもないため、墓地効果の補助にも使える。
 しかし、魔法&罠ゾーン表側表示カード2枚のコストは重く、普通に使用するとディスアドバンテージが大きく、(1)(2)とも相性が悪い。
 余程墓地へ送りたいモンスターが存在するか、魔法&罠ゾーンを空けたい場合以外は発動すべきかはよく考えたい。
 また(1)のトリガーになるもののうちペンデュラムモンスター墓地へ送ることはできないため、コストにならない点は注意。

 単に下級モンスター墓地肥やしをしたいだけであれば、使い切り且つ召喚権を消費する代わりにコストが不要な《マスマティシャン》も存在する。
 こちらを使う場合は属性レベル、(1)の効果で差別化する必要がある。

 【V・HERO】では、レベルV・HERO永続罠の状態から(3)で墓地へ送っても自身の効果により戦闘ダメージを受けるだけで永続罠に戻せるため、コストの重さがほぼ気にならない。
 《E・HERO シャドー・ミスト》などを墓地へ送ることでデッキを回転させることができる。
 《E・HERO アブソルートZero》融合素材になれたり、《V・HERO ファリス》ランク5のエクシーズ召喚もできる点も小さくない利点である。

 【焔聖騎士】墓地から装備カード化することでコストを用意できる。
 それ以外でも《サウザンド・アイズ・サクリファイス》などで相手モンスター装備カードとすることでコストを捻出できる。

 また、【ウィッチクラフト】では自己サルベージ効果を有する《ウィッチクラフト・スクロール》《ウィッチクラフト・バイストリート》の存在により、コストの重さがほぼ気にならない。
 《ウィッチクラフト・シュミッタ》などを墓地へ送ることでデッキを回転させることができる。
 種族サポートを共有出来たり、《ウィッチクラフト・バイスマスター》融合素材になれたり、《ウィッチクラフト・エーデル》ランク5のエクシーズ召喚もできる点も小さくない利点である。

 水属性ステータスのために《氷結界》サーチ《サルベージ》サルベージに対応する。
 サポートカードを共有できる水属性カテゴリでは墓地へ送られた時に効果がある永続魔法アクアリウムと関係の深いアクアアクトレス《海晶乙女の闘海》装備カード最大3枚を用意できるマリンセスでは採用できる。
 また、《シー・ランサー》も1体で装備カード最大5枚を用意できる。

  • Vジャンプ(2022年7月号)では、「宝玉獣と相性の良い効果を持つ。」と紹介されている。
  • 「アデュラリア」とは鉱石の一種で、和名は「氷長石」と呼ぶ。
    氷を連想させるような無色・白色の半透明から透明なものが存在するが、希少価値は透明なものほど高い。
    原産地はアルプス山脈近辺であり、現地のアデュラー山が名前の由来となっている。
  • 「水月」はそのまま「水と月」を指す他、「水面に映る月」を指す言葉である。
  • このカードが登場したVジャンプ(2022年8月号)の定期購読SPペーパーで設定画が公開されている。

関連カード

―(2)の類似効果

収録パック等


Tag: 《水月のアデュラリア》 モンスター 効果モンスター 星5 水属性 魔法使い族 攻1000 守1000

広告