先史遺産石紋(オーパーツ・エスペランサ・グリフ)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分のフィールド・墓地のXモンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのモンスターカードのランクの数値よりも1つ高いレベルを持つ「先史遺産」モンスター2体を、
自分の手札・デッキ・墓地から選んで効果を無効にして特殊召喚し、
その2体のみを素材として「先史遺産」Xモンスター1体をX召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場した通常罠
 対象としたエクシーズモンスターカードランクより1つ上のレベルを持つ先史遺産2体を手札デッキ墓地より特殊召喚し、その2体をエクシーズ素材先史遺産エクシーズ召喚する効果を持つ。

 対象としたフィールド墓地エクシーズモンスターより1つ上のランク先史遺産エクシーズ召喚可能で、さらにデッキから先史遺産2体を選べば間接的な墓地肥やしとしても機能する。
 《先史遺産トゥスパ・ロケット》ならばエクシーズ素材時の効果適用される。

 対象先と特殊召喚先のレベルランク)が異なるため、採用する先史遺産レベルはある程度ばらけさせる必要はある。
 とは言え、手札墓地デッキと幅広い範囲から選べるので、メインとなるレベル以外も少量採用しておけば発動も難しくは無いだろう。
 また、《先史遺産トゥスパ・ロケット》効果エクストラデッキから直接墓地へ落とせばレベルを散らせずとも発動できる。
 あちらの効果《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》墓地へ送ってこのカード発動すれば、《No.6 先史遺産アトランタル》エクシーズ召喚装備対象の確保を纏めて行える。

 このカードにより《No.36 先史遺産−超機関フォーク=ヒューク》《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》による1ターンキルを狙いやすくなった。
 先攻においてもランク4を出すだけで《先史遺産ヴィマナ》による妨害が可能になる。

  • 「エスペランサ」はスペイン語で「Esperanza」と書き「希望」の意味。
    「グリフ/Glyph」は「個体の字形」を意味する。
  • モチーフは、「エスペランサ石」であると思われる。
    「エスペランサ石」とは、メキシコのヤキの峡谷地域でF・R・バーナム少佐とチャールズ・フレデリック・ホルダーによって発見された2.5mほどの大きさの石。
    その表面には卍や渦巻き模様などの奇妙な模様が描かれている。
    発見したバーナム少佐は、マヤ文字だと考えたが、ペトログリフの一種であるという考えが主流になっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《先史遺産石紋》 通常罠 オーパーツ

広告