大儺主水(ダイナ・モンド)

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/下】
儀式モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚と自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。
その2枚を持ち主のデッキに戻す。
(2):相手ターンに、このカードをリリースし、
自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した地属性サイバース族リンクモンスター
 特殊召喚に成功した場合にフィールドのカード自分墓地儀式モンスターデッキ戻す誘発効果相手ターンに自身をリリースして儀式モンスター蘇生またはサルベージする誘発即時効果を持つ。

 リンク素材儀式モンスターを要求するためリンク2の割には少々重い
 フィールドに維持する必要性が薄い儀式モンスターをこのカードリンク素材と(1)の効果に使用し、強力な儀式モンスターを(2)の効果で再利用する動きが基本となる。

 (1)はフィールドのカード自分墓地儀式モンスターデッキ戻す効果
 対象は取るものの、カードの種類や表裏の指定なしでデッキバウンスという強力な除去を行えるのは魅力的。
 このカードリンク素材にした儀式モンスター墓地に存在するので、基本的に発動できない事はないだろう。
 ただし、墓地に別の儀式モンスターが存在しない限り(2)の効果が発動できない点は意識しておく必要がある。

 なお、トリガーは「特殊召喚に成功した」場合なので、リンク召喚成功時だけでなく、蘇生などでも発動できる。
 相手ターン特殊召喚できれば妨害にもなり、リンク2故に《スプライト・エルフ》蘇生が可能なので、これだけならば狙うことは難しくない。
 ただ、墓地儀式モンスターを多数用意しなければならず、ハードルが高いのは否めない。

 (2)は儀式モンスター蘇生またはサルベージ効果
 蘇生制限を満たしたものは蘇生を、そうでないものや手札で使用可能な効果を持つものはサルベージを選ぶと良い。
 特殊召喚に成功した場合の誘発効果を持つものは相手ターンに出す価値も高いだろう。
 《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》と抜群の相性であり、予め蘇生制限を満たしておく必要こそあるものの、強力な制圧効果相手ターン発動できる。
 ただし、リンク素材がやや重いこのモンスターリリースする関係上、妨害を受けると大きなディスアドバンテージになる点は気を付けたい。

 儀式召喚全般のサポートカードとしてデザインされているが、大抵の【儀式召喚】では儀式モンスターを用意したうえでリンク召喚まで行う余裕が無いのが困りもの。
 《ネフティスの祀り手》《ネフティスの繋ぎ手》など、儀式モンスターを絡めてモンスターを展開できる【ネフティス】では出しやすいか。
 その他、召喚条件を無視して特殊召喚でき、手札からの効果を持つ《オオヒメの御巫》を擁する【御巫】や、【儀式召喚】の系統では高い展開力を持つ【リブロマンサー】でもリンク召喚しやすい。

  • 大儺(だいな)(追儺・鬼やらい)」とは大晦日に行われる鬼を祓う儀式のこと。
    方相氏(追い払う役)、侲子(方相氏に付き従う子役)で行われる。
    方相氏が黄金四目の仮面を被り、玄衣と朱裳を纏って、戈と盾を持って鬼を追い立てるため、イラストのモチーフとなっていると考えられる。
    • 主水(もんど)」とは「主水司(もんどのつかさ)」の略で、宮廷で粥、水や氷室を司る役所のこと。
    • 「ダイナモ」や「ダイヤモンド」も掛かっている可能性も考えられる。

収録パック等


Tag: 《大儺主水》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 サイバース族 攻2200

広告