()賢者(けんじゃ)−ヒンメル》

効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名はルール上「閃刀」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドのリンクモンスターを対象とする効果を相手が発動した時、
自分の墓地から魔法カード2枚を除外して発動できる。
その効果を無効にする。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 PREMIUM PACK 2023で登場する属性機械族上級モンスター
 ルール上閃刀カードとしても扱う効果外テキスト魔法カード手札コスト特殊召喚できる効果リンクモンスター相手効果の対象になった場合、墓地魔法カードを2枚を除外し、その効果無効にする効果、自身が破壊され墓地へ送られた場合に除外ゾーンの閃刀魔法カードサルベージできる効果を持つ。

 (1)(3)は《慈愛の賢者−シエラ》と同じ効果であり、効果単独での使い方はあちらも参照。
 ただし、コントロール転移を活かすあちらとはカード全体でみると使用感は異なり、(3)の能動的な発動がやや難しくなっている。
 (2)はフィールドに維持して意味を成す効果であるため、(3)は基本的に相手破壊された場合の保険と見なしておくのが良いだろう。
 同効果を持つモンスターとしては最も攻撃力が低いが、それにより《機械複製術》に対応する。
 【サイバー・ドラゴン】《機械複製術》を採用しやすく、レベル機械族エクシーズ素材にも使いやすい点で採用が検討できなくもない。

 (2)は自分リンクモンスター対象とする効果無効化。
 閃刀姫リンクモンスターの場持ちに役立ちはするが、魔法カード2枚の墓地コスト墓地魔法カードを溜めたい【閃刀姫】とはアンチシナジーである。
 そもそも《閃刀機−イーグルブースター》があれば対象をとらない効果も含めて幅広く対応でき、墓地リソースも失わないため、あえてこちらを優先する必要性が乏しい。
 また、この効果を使用できる状況は即ちこのカードメインモンスターゾーンに存在する状況であり、その時点で【閃刀姫】の基本コンセプトとは合致していない。
 閃刀速攻魔法の防御を捨ててまでこの効果で守りたい場面は少なく、戦闘破壊等にも無力であり穴も大きい。

 総じて純正【閃刀姫】とは決して相性のいいカードとは言えず、閃刀姫を展開用パーツとして利用した【機械族】で利用したいカードと言えるだろう。

  • 「ヒンメル(Himmel)」はドイツ語・スウェーデン語などで「空・天・天国」を意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画OCGストーリーズの「閃刀姫編」にて登場するキャラクターの1人。
    レイを育てたカーマ三賢者の一角であり、描写を見る限り彼がリーダー格であると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《智の賢者−ヒンメル》 モンスター 効果モンスター 星5 地属性 機械族 攻500 守2500 閃刀

広告