鉄獣の抗戦(トライブリゲード・リボルト)/Tri-Brigade Revolt》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

 PHANTOM RAGEで登場した通常罠
 墓地除外ゾーンの獣族獣戦士族鳥獣族効果無効特殊召喚し、それらを素材にトライブリゲードリンク召喚する効果を持つ。

 墓地除外ゾーンのモンスターのみでトライブリゲードリンク召喚できる。
 リンク3の《鉄獣戦線 銀弾のルガル》リンク4の《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》は消費を抑えて出せる。
 特に《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》相手ターンに出せば妨害も可能となるため相性が良い。
 また、メインデッキトライブリゲードの共通効果等で除外されたモンスターを間接的に墓地に戻せるため、墓地リソースの回復にもつながる。

 なお、効果には複数の種族を必要としないため、【獣族】【獣戦士族】【鳥獣族】トライブリゲードリンクモンスターと共に出張採用も可能。
 リンク召喚可能なトライブリゲードはいずれも3種族をサポートする効果を持つため、特定種族を主力とする場合でも扱いやすい。
 【獣族】では、《レスキューキャット》《魔獣の懐柔》墓地を肥やしやすいので高リンクの展開が容易い。
 【鳥獣族】では、《風の精霊 ガルーダ》《ダーク・シムルグ》墓地モンスター除外しやすく、それらを墓地に戻す目的での採用も検討できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《鉄獣の抗戦》にチェーンして《ワンダー・エクシーズ》発動した結果、エクストラモンスターゾーンが埋まり《鉄獣の抗戦》の効果処理時リンク召喚ができない状況となりました。
  獣族などのモンスター特殊召喚して処理を終えますか?
  それとも、獣族などのモンスター特殊召喚せずに処理を終えますか?
A:エクストラモンスターゾーンに空きがなくリンク召喚ができない状況では、獣族獣戦士族鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果無効にして特殊召喚する処理を含めて、《鉄獣の抗戦》の効果処理は行いません。(20/09/13)


Tag: 《鉄獣の抗戦》 通常罠 トライブリゲード

広告