忍法(にんぽう) 影縫(かげぬ)いの(じゅつ)/Ninjitsu Art of Shadow Sealing》

永続罠
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター1体を選択してゲームから除外する。
そのモンスターがゲームから除外されている限り、
そのモンスターカードゾーンは使用できない。
このカードがフィールド上から離れた時、
この効果で除外したモンスターを同じ表示形式で元のモンスターカードゾーンに戻す。 

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した永続罠
 自分フィールド忍者コストに、相手フィールドモンスター除外する効果、自身がフィールド離れた場合に自身の効果除外したモンスターフィールド戻す効果を持つ。

 罠カードになり忍者が必要となった《異次元隔離マシーン》
 あちらと比べコスト忍者リリースする必要があり、このカード破壊されても自分モンスターフィールドに戻らない。
 一応墓地リソースとして使うことはできるが、単純なカード・アドバンテージでは損をしやすい。
 また、相手の妨害としても同じ忍法にはアドバンテージを得ることができる《忍法 超変化の術》が既に存在している。

 このカードの最大の利点は、エクストラモンスターゾーンモンスター除外した場合、除外されたモンスターエクストラモンスターゾーンには戻れないため墓地へ送るという点。
 エクストラモンスターゾーンモンスターを完全除去したうえ、もう一方のエクストラモンスターゾーン自分が使っていればこのカードがある間相手エクストラモンスターゾーンを使えなくなる。
 《忍法 超変化の術》除去できないエクシーズモンスターリンクモンスター除去できるのも利点と言える。
 類似効果《異次元隔離マシーン》テキストの差異からメインモンスターゾーンに戻る裁定であり、完全な除去となるのはこのカード独自の特長である。

 もっとも、マスタールール(11期)下では融合シンクロエクシーズモンスターは直接メインモンスターゾーン特殊召喚することができるため、リンクモンスター以外に対しては安定した完全除去は期待できない。
 特にエクストラデッキを重要視しない相手にはなおさら有効になりにくいため、メタを読んで使いたい。

  • 「影縫いの術」とは、相手に影に関する暗示をかけその影に手裏剣を投げつけることで、暗示によって相手の動きを封じるとされる術のこと。
    イラストでは《青竜の忍者》がクナイを投げつけ、《白竜の忍者》の動きを封じている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:除外したモンスターフィールド上に戻す効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(13/05/19)

Q:この効果罠モンスターである《アポピスの化神》除外した場合、《アポピスの化神》フィールド戻りますか?
A:モンスターゾーンに置く事はできず、墓地へ送られる事になります。(17/03/24)

Q:エクストラモンスターゾーンモンスター対象として、このカード発動できますか?
A:発動できます。
  なお、このカードフィールドから離れた場合、そのエクストラモンスターゾーンは使用可能になりますが、除外されたモンスターは、エクストラモンスターゾーン戻す事はできませんので、墓地へ送られます。(17/03/25)

Q:上記の際、《マクロコスモス》適用されていても墓地へ送られますか?
A:はい、《マクロコスモス》適用されていても墓地へ送られます。(21/01/08)

Q:攻撃を終えたモンスターバトルフェイズ中にこのカード除外しました。
 そのバトルフェイズ中にこのカードが破壊された場合、フィールドに戻ったそのモンスターはもう1度攻撃できますか?
A:調整中。(17/06/26)


Tag: 《忍法 影縫いの術》 永続罠 忍法

広告