宝玉獣(ほうぎょくじゅう) アンバー・マンモス/Crystal Beast Amber Mammoth》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1600
(1):このカード以外の自分の「宝玉獣」モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
攻撃対象をこのカードに移し替える。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した地属性獣族下級モンスター
 宝玉獣共通の分類されない効果攻撃対象を他の宝玉獣から自身に変更する誘発効果を持つ。

 宝玉獣共通の自身を永続魔法化する(2)の効果については宝玉獣を参照。

 (1)の固有効果攻撃対象を他の宝玉獣から自身に移し替える効果
 低攻撃力宝玉獣には《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》が存在するが、殆どの場合特殊召喚するモンスターであるため、守備表示で出せば戦闘ダメージはほぼ回避できる。
 それ以外の宝玉獣フィールドへの維持が必要なものが殆ど居ないため、このカードでわざわざ攻撃を防ぎたいようなケースが少ない。
 加えて宝玉獣自体が戦闘破壊され魔法&罠ゾーンに置いた方が良い場合も多いため、この効果で守る意義が薄い。

 攻撃力1700ではアタッカーとしては力不足であり、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 トパーズ・タイガー》各3枚以上にアタッカーが欲しい場面もまずない。
 《宝玉の玲瓏》が存在すれば宝玉獣最高の3300打点のアタッカーとなれるため、使用する場合はあちらとの併用が必須と言える。
 ただしその状況では、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》と(攻撃時の)《宝玉獣 トパーズ・タイガー》も3000打点と十分なアタッカーとなり、そのためだけに採用を検討できるかは微妙なところ。
 他には、《宝玉の守護者》と併用すれば攻撃力3400のとして牽制できる。

 以上の点から、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《究極宝玉陣》を扱うタイプの【宝玉獣】でその条件を満たすためだけに採用されているというケースがほとんどである。

  • 宝玉獣では攻守の合計ステータスは最高数値だが、登場から長い間それが活きる機会はまず無かった。
    2022年の《宝玉の玲瓏》の登場により漸くその利点が活きるようになった。
  • 「アンバー(amber)」とは、「琥珀(こはく)」の事である。
    透明かつオレンジのような色をした宝石で、石言葉は「歓喜・創造」。
    無機鉱石ではなく、長い時間を掛けて木の樹脂が地中で固形化したものであり、内部に太古の昆虫を含むものもある。
    DUEL TERMINALのCGを見ると、このモンスターの額に埋め込まれた琥珀にもトンボの様な昆虫が入っているのがわかる。
  • ヨハンが使用した通常罠《宝玉の陣−琥珀》・《宝玉の砦》のイラストに描かれている。

関連カード

―モチーフ関連

―《宝玉獣 アンバー・マンモス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《宝玉獣 アンバー・マンモス》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1700 守1600 宝玉獣

広告