暴走魔法陣(ぼうそうまほうじん)/Magical Meltdown》

フィールド魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、
その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場したフィールド魔法
 発動時に《召喚師アレイスター》サーチできる効果融合召喚を行う効果の発動無効にされず、その融合召喚に成功した時に相手効果の発動を防ぐ効果を持つ。

 (1)の効果により発動時に《召喚師アレイスター》サーチできる。
 《召喚師アレイスター》召喚成功時に《召喚魔術》サーチできるため、召喚獣融合モンスター融合召喚準備が整う。
 また、《召喚師アレイスター》手札誘発融合モンスター強化効果も持ち合わせるため、この効果融合モンスター強化と見なすこともできる。
 《召喚師アレイスター》サーチ手段としては《融合徴兵》《融合準備》などもあるが、こちらは即効性で優るため、【召喚獣】ではこちらが優先される。

 (2)は、「融合召喚を行うカードの発動無効にする効果」及び「融合召喚に成功した時に発動できる効果」を防ぐ効果
 前者には《神の警告》などのカウンター罠、後者には《激流葬》などがそれぞれ該当しており、融合召喚時の安全を確保できる。
 融合召喚に成功した時の効果《禁じられた聖杯》などをチェーンされることも防ぐことができ、この恩恵を受けられる召喚獣も複数いる。
 ただし、前者で無効化されないのはカードの発動のみであるため、《王宮の勅命》などで効果無効にされるのは防げない。
 《虚無空間》《次元障壁》など融合召喚そのものを封じる効果にも無力である。
 また、【召喚獣】では《召喚師アレイスター》召喚の重要性が高いため、召喚全般をトリガーとする効果はそちらに使われやすい。
 よってこの効果単体で完封できるカードというのはほとんどなく、メリットは大きくはない。

 (2)はおまけ程度に考え、《召喚師アレイスター》サーチを第一目的と考えてよい。
 《召喚師アレイスター》は性質上2枚目を無理に確保しなくてもいいカードだが、状況によって積極的に上書き発動しても構わないだろう。
 どの構築にせよ【召喚獣】《召喚師アレイスター》が無いと動けないので、デッキの枠があれば出来る限り採用したい。

  • 「暴走」という不穏なカード名イラストだが、効果はいずれも安定性に貢献するものである。
    危険な状態としての暴走よりも、「誰にも止められない状態」としての暴走を意識した効果だろう。
  • 英語名の「Meltdown(メルトダウン、炉心溶融)」は、原子炉内の核燃料が融解してしまう現象。
    原子力発電では核分裂による熱と冷却材を組み合わせる事で発生する蒸気を利用するのだが、何等かの要因で冷却システムに異常が生じた場合、過熱され融解した核が炉外に流出、あるいは爆発を引き起こす等して周囲に甚大な被害をもたらす。
    人間の制御を逸脱した結果発生する現象と言う点では一種の「暴走」と言える。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:このカード効果適用されている場合、《デストーイ・マーチ》発動無効化されますか?
A:無効化されません。(17/03/25)

Q:このカード効果適用されている場合、《簡易融合》発動無効化されますか?
A:無効化されません。(16/11/11)


Tag: 《暴走魔法陣》 魔法 フィールド魔法

広告