魔鍵召竜(まけんしょうりゅう)−アンドラビムス》

融合・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
「魔鍵」効果モンスター+トークン以外の通常モンスター
(1):このカードの融合召喚成功時に相手は効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の通常モンスターまたは「魔鍵」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(3):このカードの融合素材としたモンスターの属性が2種類だった場合、
1ターンに1度、自分の墓地のいずれかのモンスターと同じ属性を持つ、
相手モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 DAWN OF MAJESTYで登場した風属性ドラゴン族融合モンスター
 融合召喚に成功した時に相手効果の発動を封殺するルール効果自分墓地通常モンスター魔鍵モンスターと同属性相手モンスターを全て破壊する起動効果、複数の属性融合素材にした場合に相手モンスター破壊された際にドローできる誘発効果を持つ。

 《魔鍵召獣−アンシャラボラス》に比べると、こちらは融合素材の前半に効果モンスター指定がある。
 《魔鍵銃士−クラヴィス》2体で融合召喚できない分、若干だけ融合召喚の難易度は上がる。
 儀式モンスターの豊富なサーチ手段を活用し、前半部には魔鍵儀式モンスターを用いるのが良いだろう。

 (1)は融合召喚成功時に相手効果の発動を行えない効果
 《奈落の落とし穴》などにより融合召喚直後に除去され大きなディスアドバンテージを負う危険がなくなる。
 また同じタイミングでフリーチェーンカード発動すればそれらの効果を安全に通すこともできる。

 (2)は墓地魔鍵モンスター通常モンスター1体と同じ属性を持つモンスター全体除去
 現在属性に統一性のあるデッキも多くこの効果で一網打尽ということも狙えるが、自分墓地に同じ属性魔鍵通常モンスターが必要。
 魔鍵モンスター属性だけでは主要6属性に対応できないため、対応力を上げるなら通常モンスター属性で補いたい。
 《魔鍵錠−解−》発動したターンであれば相手モンスター属性を任意で変更できるため、相手モンスター属性を任意で変更し全体除去を行える。
 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》《DNA移植手術》等を用いるのも有効だが、その場合はこのカード《魔鍵砲−ガレスヴェート》の2属性以上の素材をフィールドだけで賄うことができなくなる点は注意。

 (3)は相手モンスター破壊された場合に1枚ドローできる効果
 効果適用するためには2属性以上を用いて融合召喚する必要がある。
 魔鍵モンスターのみでの融合召喚でも可能ではあるが、扱いやすい下級モンスター闇属性に固まっており、基本的には闇属性以外の通常モンスターを用いて行うことになるか。
 トリガーとなる破壊自分墓地モンスターと同じ属性である必要があるため、他の魔鍵モンスター同様墓地肥やしを十分行い適用範囲を広げたい。
 破壊方法は問われないため、墓地さえ肥えていれば毎ターン発動してアドバンテージを稼ぐこともも難しくない。

  • モチーフはソロモン72柱の悪魔の一柱、「アンドラス」・「アンドレアルフス」・「アンドロマリウス」のいずれかからか。
  • 融合召喚時の口上は「魔鍵の所有者クラヴィスよ!!魔法の鍵銃を悪魔の扉に挿しその秘めたる魔砲の能力(ちから)を解き放て!!《魔鍵召竜−アンドラビムス》」

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔鍵召竜−アンドラビムス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 風属性 ドラゴン族 攻2800 守2000 魔鍵

広告