魔導騎士(まどうきし)ギルティア/Giltia the D. Knight》

融合モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1850/守1500
「冥界の番人」+「王座の守護者」

 Vol.6で登場した光属性戦士族融合モンスター
 融合素材《冥界の番人》《王座の守護者》

 《簡易融合》特殊召喚できるレベル5・光属性戦士族としての運用が基本。
 《ターレット・ウォリアー》強化《バルキリー・ナイト》墓地コスト蘇生対象として利用できる。
 【戦士族】でも《不死武士》《一族の結束》等を阻害せずに、戦士族シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げられる。
 また、戦士族統一で《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ素材にできるのは固有の利点となる。
 《地翔星ハヤテ》《天融星カイキ》を使うデッキならばレベル5の戦士族というステータスが最大限活きる事になり、光属性なので前者の妥協召喚の条件も満たせる。
 《ライトレイ ギア・フリード》の条件を整える場合にも採用できるだろう。
 墓地へ送られた後は《蛮族の狂宴LV5》での蘇生も可能。

 ただし、レベル5・戦士族融合モンスターにはより高い攻撃力モンスター効果を持つ《召喚獣ライディーン》が、光属性戦士族に絞っても攻撃力は若干下回るが双天に属する《双天脚 鎧吽》が存在する。
 こちらを採用するのなら効果モンスター以外のモンスターサポートカードとの併用が求められる。

  • 「劇場版&TVアニメ 遊戯王スーパーコンプリートブック」ではこのカードのメイキングが紹介されている。
    「城之内vsキース戦で活躍したぞ!」という触れ込みだが、下記の通りあまり活躍できていない。
    また「魔法使い」として紹介されていたが、OCGでは戦士族となった。
  • アニメでは海馬も所持している。
    《青眼の白龍》の交換条件として海馬が双六に提示したジュラルミンケース一杯のカードの一枚。
    「乃亜編」回想シーンでも、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
    アニメオリジナルの「遊戯vs城之内」戦では先鋒として召喚され、《エルフの剣士》を倒したが《暗黒騎士ガイア》に葬られた。
  • 戦士族好きの城之内らしいカードだが、その姿や能力値とは裏腹にやられ役。
    能力的には、王国編で確認できる城之内の持っていたモンスターの中では2番目に攻撃力が高い。
  • アニメでは枠が通常モンスターになっていたが、テキストは素材がそのまま書かれている。
    海馬が提示した時にはOCG仕様になっていた。
  • アニメGXの「十代vsミスターT」(2戦目)で登場した装備魔法《フュージョン・ショット》のイラストに登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは通常召喚可能な通常モンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「魂を貫くと言われる槍を持ち魔法攻撃を仕掛けてくる」と書かれている。
    また、「魔法攻撃ソウル・スピアは敵を一瞬で倒すと言われている」というテキストも存在する。
    • フォルスバウンドキングダムでも登場し、レベル55で闇族のみにダメージを与える「ホーリー・パニッシュメント」という超必殺技を覚える。
      しかし、CPUのこのモンスターの使い方に問題があり、CPUが闇族を使用していて、プレイヤー闇族を使用していなくても「ホーリー・パニッシュメント」を使用してくる。

関連カード

融合素材

収録パック等


Tag: 《魔導騎士ギルティア》 モンスター 融合モンスター 星5 光属性 戦士族 攻1850 守1500

広告