螺旋融合(スパイラル・フュージョン)/Spiral Fusion》

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で「竜騎士ガイア」を特殊召喚した場合、そのモンスターは、
攻撃力が2600アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 RISE OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 ドラゴン族融合モンスター融合召喚し、それが《竜騎士ガイア》だった場合に強化2回攻撃を付与する効果を持つ。

 《竜騎士ガイア》以外のドラゴン族融合召喚するだけなら、ドラゴン族に縛られただけの《融合》でしかない。
 《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》サーチ可能なものの、《融合》の方がサーチの手段もより豊富であり、大きな利点にはならない。
 よって、基本的には《竜騎士ガイア》を狙いつつ、場合によっては他のドラゴン族も出せるという認識での運用となる。

 《竜騎士ガイア》バニラなので、天威などの効果モンスター以外のモンスターサポートカードが無ければ出す必要性は薄い。
 もしも併用する場合、効果を付与しても効果モンスターになるわけではないため、その点は気兼ねなく使用することはできる。
 基本的には、《竜騎士ガイア》として扱い固有の効果も持つ《天翔の竜騎士ガイア》《竜魔道騎士ガイア》融合召喚することとなる。

 《竜騎士ガイア》融合召喚した場合、攻撃力5200となり、モンスターへの2回攻撃が可能となる。
 ただし、2回目の攻撃はあくまでモンスターへのみであり、相手モンスターが1体以下の場合は1回しか攻撃できない点に注意。

 《天翔の竜騎士ガイア》ならば、あちらの(2)と(3)及び《螺旋槍殺》の相乗効果により、貫通能力を備えた上で相手モンスター表示形式を選べる。
 相手モンスターが2体以上いた場合、どちらかのステータスの合計が2400以上でなければ1ターンキルとなる。
 仕留めきれなかったとしても、守備表示モンスターを2体戦闘破壊していれば《螺旋槍殺》により、2枚のハンド・アドバンテージ墓地アドバンテージを得られる。

 《竜魔道騎士ガイア》ならば、攻撃力5200+攻撃力7800の攻撃単体除去しつつの攻撃力2600または5200+攻撃力5200の攻撃を選べる。
 戦闘破壊に成功できずとも、自分相手ターン除去を1度ずつ使えるので、融合召喚の消費を取り戻せる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《螺旋融合》 魔法 通常魔法

広告