量子猫(りょうしねこ)/Quantum Cat》

永続罠
(1):種族と属性を1つずつ宣言してこのカードを発動できる。
このカードは発動後、宣言した種族・属性を持つ通常モンスター(星4・攻0/守2200)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。

 EXTRA PACK 2015で登場した永続罠
 宣言した種族属性を持つ罠モンスターとなる効果を持つ。

 高めの守備力を持つが、単に目的であれば同じ罠モンスター《メタル・リフレクト・スライム》の方が守備力が高い。
 また、ステータスは異なるが全く同じ効果を持つ《鏡像のスワンプマン》も存在し、あちらはアタッカーにもなる。
 エクシーズ素材シンクロ素材としてのみ見るならば、《奈落の落とし穴》にかからない攻撃力のこちらの方が使いやすいか。
 また、このカードならではの活用方法として、《タンホイザーゲート》《ゼロゼロック》に対応する点がある。
 こういったサポートの有無やアタッカーとするか生き残る確率を上げるかなどで、《鏡像のスワンプマン》と使い分けていくといいだろう。

  • 「量子猫(Quantum Cat)」とは、量子力学の確率解釈を批判する例として、物理学者のシュレディンガーが提唱した思考実験「シュレディンガーの猫」を指す。
    放射性元素が放射線を放出すると青酸ガスが発生する装置を作り、それを猫と共に外から内部の観測ができない箱の中に入れると考える。
    放射線が放出される可能性を50%とすると、量子力学的な解釈では、箱を開けて中を確認するまで猫は50%の確率で死んでおり50%の確率で生きているという、2つが重なった状態にあることになる。
    上述の通り元々は「生きている猫と死んでいる猫が同時に存在すると考えるのは常識的にありえない」と量子力学を批判しようとしたものなのだが、例えが身近で理解しやすかったために「量子力学の一般的な解釈(コペンハーゲン解釈)ではこう考える」という物理学の分かりやすい例として使われることもある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsツバインシュタイン」戦で、このカードとモチーフを同じくする永続魔法《シュレディンガーの悪戯猫》をツバインシュタインが使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《御前試合》効果適用されており、自分フィールド風属性モンスターが存在しています。
  風属性以外の属性宣言してこのカード発動できますか?
A:風属性以外の属性宣言して発動する事はできません。(15/10/02)


Tag: 《量子猫》 永続罠 罠モンスター(通常) 星4 攻0 守2200

広告