輪廻独断(りんねどくだん)

永続罠
(1):1ターンに1度、種族を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いの墓地のモンスターは宣言した種族になる。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した永続罠
 ターン終了時まで、お互い墓地モンスター種族宣言した種族に変化させる効果を持つ。

 1ターンに1度、全ての墓地種族を変更することができる。
 効果ターン終了時に切れてしまうが、罠カードなのでお互いスタンバイフェイズ等に再度発動し直すことが可能。

 主な用途としては、後述のような墓地種族を参照するカードに対する適用範囲の拡大となる。
 また、この性質と表裏一体として、相手がそれらのカードを使う場合、無関係な種族相手ターン宣言すればそれらを腐らせることもできる。
 フィールドに直接干渉しないため、《DNA改造手術》《アンデットワールド》のように素材に種族縛りのあるエクストラデッキからの特殊召喚を妨害することはできず、拘束力は落ちる。
 一方で、種族を指定した蘇生効果を多用するアンデット族ドラゴン族などに対しては強いメタとして機能する。

 特に相性の良いデッキとしては、【サイバー・ダーク】【ドラグニティ】等の複数の種族の併用が不可欠かつ墓地を利用するデッキだろう。
 また、手札誘発のようなデッキ全体と異なる種族の汎用カードを、サポートや墓地融合に組み込むこともできる。
 相手墓地にも適用されるので、【バスター・ブレイダー】では、通常では相手に依存しがちな《バスター・ブレイダー》《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》強化を能動的に適用できるほか、《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》によって相手墓地モンスター効果の発動も封じることができる。

 特定種族蘇生を行えるカードを利用して、無限ループを起こせる場合がある。
 例えばフィールド《ドラグニティ−ブラックスピア》墓地に任意の下級モンスターが存在する状態で鳥獣族宣言すれば、1ターンリリース自己再生無限ループを起こせ、《超再生能力》デッキ全てドローも可能。
 また、植物族宣言すれば《ブルーローズ・ドラゴン》自己再生可能となり、タイミングを逃す破壊以外で即座に繰り返し自己再生するとして機能する。

  • 独断とは「他人の意図を無視して独り決めする」という意味であり、魂の流れである輪廻を強引に操作することで墓地種族=魂の生まれ変わる先を変えてしまうというネーミングだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズでは3の時点からオリジナルカードとして登場していた。
    アニメ版と同じ効果となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《輪廻独断》 永続罠

広告