六花精(りっかせい)シクラン/Cyclamen the Rikka Fairy》

効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードをリリースし、
自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。
(2):このカードがリリースされ墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場した水属性植物族下級モンスター
 手札フィールドの自身をリリースし、植物族モンスター2体まで対象としそのモンスターレベルを2つ下げる起動効果リリースされたターンエンドフェイズ自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)は自分フィールド植物族レベルを下げる効果
 レベル調整に関しては《六花精プリム》と同じようにエクシーズ召喚先の幅を広げることができるためあちらも参照したい。
 ただこちらは自身をコストとしてリリースする必要がある。
 (2)の効果につなぐことが出来るとは言え、自分エンドフェイズ蘇生したこのカードの用途は限られており程度にしかならないことも多い。
 発動するのであれば、《六花精エリカ》などの「自分フィールドの植物族モンスターがリリースされた場合」という発動条件を満たすことを考えたい。
 ただそれらも他のリリース手段で間に合っていることが多いため、使いにくいさは否めない。

 (2)は自己再生効果
 上述の通り自分ターンエンドフェイズ蘇生したのでは程度にしかならない。
 できれば相手ターンリリース自己再生したこのカードを素材として使う運用をしたい。
 自己再生フィールド離れる除外されるデメリットがあるが、エクシーズ素材とすることで回避することができる。

 リリースされた場合に自己再生することから【メガリス】で採用するのも面白い。
 エンドフェイズという遅さも相手ターン儀式召喚を行うことが難しくない【メガリス】ではあまりに気にならないだろう。

  • カード名の由来は恐らく、サクラソウ科の「シクラメン」だろう。
    冬に花が咲く種類も存在している。

関連カード

―《六花精シクラン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《六花精シクラン》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 植物族 攻1800 守800 六花

広告