黎明(れいめい)堕天使(だてんし)ルシフェル》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/天使族/攻4000/守4000
天使族・闇属性モンスター×3
このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):「堕天使ルシフェル」を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの天使族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(3):自分・相手のメインフェイズに1000LPを払って発動できる。
自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性天使族融合モンスター
 《堕天使ルシフェル》を素材として融合召喚に成功した場合に相手フィールドのカードを全て破壊する誘発効果自分フィールド天使族相手効果の対象にならなくなる永続効果手札墓地から天使族1体を特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 融合素材闇属性天使族3体と非常に重いため、【堕天使】で出すことになる。
 《堕天使アスモディウス》特殊召喚できるトークン2体を含めるか、《堕天使スペルビア》蘇生効果を使うといった方法でディスアドバンテージを減らしておきたい。
 《堕天使スペルビア》墓地《叛逆の堕天使》コピーできる堕天使蘇生すれば、融合素材は残り1枚となる。

 《死魂融合》墓地融合する手もある。
 相手ターン《堕天使ルシフェル》を含めて融合召喚して(1)による妨害が可能になる点や、《トラップトリック》《悪魔嬢マリス》等のサーチ手段を堕天使通常罠と共有できる点で相性が良い。
 ただ、【堕天使】において重要な墓地リソースを消耗するのは大きな難点。

 特殊召喚に制限がないため、《デビル・フランケン》《幻想召喚師》を使って出す事もできる。
 前者はライフポイントの消費の激しさが目立つが、そのターン中にケリをつけうるだけの能力があるこのカードを単体で出せる点は大きい。
 後者の場合、そのターンエンドフェイズ破壊《堕天使テスカトリポカ》で凌げばフィールドに維持することができる。
 受動的ではあるが、《やぶ蛇》も考慮してもよいか。

 (1)は全体除去効果
 条件として《堕天使ルシフェル》融合素材にする必要がある。
 あちらのアドバンス召喚に成功した場合の効果融合素材となる堕天使リクルートでき、複数体リクルートできる状況なら全体除去アドバンテージは得やすい。
 しかし、特殊召喚できない最上級モンスターであるため重く、《悦楽の堕天使》サーチ手札から一緒に融合素材とするのがいいだろう。
 《叛逆の堕天使》相手ターン融合召喚することで相手の展開妨害ができ、その効果を得られる堕天使と並べておけば牽制にもなる。

 (2)は天使族への対象耐性付与。
 堕天使手札の消耗が激しいので、場持ちがよくなるのは有用である。
 自身も含まれるので高いステータスと合わせて場持ちが良く、堕天使通常罠効果と併用できれば強固なモンスターとなる。

 (3)は手札墓地からの天使族特殊召喚
 基本的に融合素材として墓地へ送られた天使族蘇生することになる。
 《堕天使スペルビア》融合素材の確保に加えてこの効果蘇生すればさらに別の天使族を展開できるため、相性が良い。
 特殊召喚先は堕天使に限定されていないため、他の天使族蘇生できる。
 《大天使クリスティア》特殊召喚すれば制圧でき、手札からであれば奇襲性も高い。

 注意点として(1)(3)は同一ターンに片方しか発動できないことが挙げられる。
 融合召喚に成功した場合の(1)を優先し、(3)は次のターン以降に利用する事になるだろう。
 相手フィールドの状況的に(1)を使うまでもないと判断した時や、《堕天使ルシフェル》融合素材にできなかった時には最初から(3)を使えばよい。

  • 「黎明」は夜明け、明け方を意味する単語。
    イザヤ書においてルシフェルを「黎明の子」と表現する記述が見られ、これがカード名の由来になっていると考えられる。

関連カード

融合素材になれる天使族・闇属性

収録パック等


Tag: 《黎明の堕天使ルシフェル》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 天使族 攻4000 守4000 堕天使

広告