双天(そうてん)

デッキの概要

 戦士族光属性で統一された双天を中心としたビートダウンデッキ
 破壊モンスタートークン融合召喚を合わせた戦術が特徴。

《双天拳の熊羆》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「双天」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、デッキから「双天」魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
効果モンスターを素材として融合召喚された自分フィールドの表側表示の「双天」融合モンスターが、
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
《双天招来》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドに「双天魂トークン」(戦士族・光・星2・攻/守0)を可能な限り特殊召喚する。
このターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、
自分フィールドのトークンはリリースできずエンドフェイズに破壊される。
その後、以下の効果を2回まで適用できる。
●自分の手札・フィールドから、「双天」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
《阿吽の呼吸》
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「双天」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「双天」効果モンスターが存在する場合に発動できる。
自分フィールドに「双天魂トークン」(戦士族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 このデッキ双天魂トークン融合素材とした融合モンスターを主戦力とするため、融合素材のためにメインデッキを厚くする必要はない。
 投入するならばメインデッキに入る双天モンスターのサポートとなるか、手札誘発モンスターを多めにすることが推奨される。

双天
 双天融合モンスターには双天効果モンスター融合素材とすることで発動適用される効果が存在するので、必然的にこれらの投入も必須となる。
 種類が少ないためどちらもフル投入をしたい。

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 《双天招来》《阿吽の呼吸》デメリットから融合モンスターの優先度が高い。
 《双天招来》は1枚で2度の融合召喚が可能なので双天融合モンスターの枚数も多くしておきたい。

双天融合モンスター
 ※括弧内は融合素材

―その他の融合モンスター
 《双天招来》で出せるのは双天のみであり、これらを投入する場合は他の融合召喚手段が必要となる。
 ※括弧内は融合素材

リンクモンスター
 ※括弧内はリンク素材の指定とリンクマーカーの向き。

魔法・罠カードについて

双天サポートカード

―それ以外の魔法・罠カード

戦術

 《双天招来》による融合召喚を目的とするため、このカード手札加えることを第一とする。
 《双天招来》サーチできる《双天拳の熊羆》、それをサーチできる《阿吽の呼吸》と間接的に加えるカードは多い。

 首尾よく手札に加わった後は双天融合モンスタービートダウンを行う。
 《双天の使命》により2回目の適用を行えば総攻撃力が8000を超えるのも難しくない。

 攻撃性能が高い反面、防御性能はそれほど高いわけではない。
 相手ターンでの動きは《双天の調伏》《双天脚 鎧吽》に頼りがちなので、汎用カードによる除去手段もいれておきたい。

 また、先攻でやることはほとんど無いので、できる限り後攻を取っておきたい。

デッキの派生

【双天恐竜】

 破壊と相性のいい恐竜族を組み合わせたデッキ
 《ロストワールド》双天魂トークンにも適用できるため、《双天招来》特殊召喚した双天魂トークンをあえて数体残してエンドフェイズ自壊トリガーデッキから恐竜族破壊できる。
 他種族混合なので《究極進化薬》も使いやすくなる。

【双天召喚獣】

 召喚獣の多様性によって双天に足りない融合モンスターの選択肢を補うデッキ
 採用するのは双天だけでも出せる《召喚獣メルカバー》《召喚獣アウゴエイデス》の他、《増殖するG》《灰流うらら》融合素材にできる《召喚獣メガラニカ》《召喚獣プルガトリオ》が主となる。

このデッキの弱点

 展開のほぼすべてを《双天招来》に頼っているため、これの発動およびサーチ手段を潰されると何もできなくなる。
 また、戦力が双天融合モンスターに偏るのでこれらで突破できない相手も苦手となる。
 筆頭が対象に取れないモンスターであり、戦闘破壊以外では《双天将 金剛》の(2)の効果しか突破手段が無い。

 また、《トークンコレクター》も苦手とするカードの一つ。
 すでにフィールドに存在する場合は双天魂トークン特殊召喚が封じられ窮地に立たされる。
 フィールドにいない状況では《双天招来》双天魂トークン生成から融合召喚までが一連の効果なので問題ないが、《阿吽の呼吸》の(2)の効果トリガー手札から特殊召喚されることもあるのでやはり気は抜けない。

代表的なカード

関連リンク

広告