(ネオスペーシアン)/Neo-Spacian

 POWER OF THE DUELISTカテゴリ化した「(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター群。
 《E・HERO ネオス》と共に「コンタクト融合」するための融合素材となるモンスターである。

 基本体として6体のモンスターが存在する。
 レベルは3、ステータスは攻守ともに1000以下であることは共通しているが、種族属性はそれぞれ異なる。
 「コンタクト融合融合素材」という点が共通する一方で効果に共通項は無く、共通効果カテゴリに関する効果はいずれも持たず、それぞれ異なる汎用的な効果を持っている。

 さらに《NEX》効果でのみ特殊召喚できる、6体(現在は2体のみ)の「進化体」とも言える融合モンスターの「N」が存在する。
 これらはレベル4であり、特殊召喚元となったモンスターの攻守を同じ数値ずつアップさせたステータスと、元のモンスターのものを強化した効果を持つ。

 なお、6体の「N」の「幼体」とも言える「」も存在するが、こちらについてはコクーンのページを参照。

  • (ネオスペーシアン)」の中には「(ネオスペーシアン)」に関する効果を持ったものは1体も存在しない。
    その分、それぞれのモンスター効果については比較的汎用性の高い効果を持つものが多い。
  • それぞれのカード名は、「(ネオスペーシアン)・『属性を連想させる言葉』・『動植物の名前』」となっている。
  • E・HEROと同様、カードの精霊が見える十代とは時折ながら人語で会話も行っている。
    基本となる6種のネオスペーシアンに関しては全員が初登場時に十代と会話しており、特に《N・アクア・ドルフィン》《N・グロー・モス》の初登場シーンはかなり印象的。
  • 十代と初めて出会った時から「(ネオスペーシアン)」達は十代が「破滅の光」に対抗できる者と認識していた。
    その頃は十代にその自覚は全くなかったのだが、《ユベル》が登場した3年目に十代が「宇宙を滅ぼす破滅の光に対抗できる、『覇王』という正しき闇を統べる力」を様々な苦難の末に得た。
    十代が「覇王」の力を制御できるようになった後は、宇宙が育んだ生命を守るという自分達に課せられた大いなる使命の下で、共に《ユベル》やダークネスらと戦っていく。
  • OCG化のサポートカードとして、通常魔法《クロス・チェンジ》・《コンタクト・ソウル》・《ネオスペーシア・ウェーブ》、装備魔法《ネオス・エナジー》、通常罠《N・シグナル》・《未来への希望(フューチャーヴィジョン)》が存在する。
  • アニメGXのサブタイトルでは「ネオ・スペーシアン」と表記されたこともある。

関連リンク

―「(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター

―「(ネオスペーシアン)」に関する効果を持つカード

―「(ネオスペーシアン)」を素材に指定するモンスター

―その他のリンク

FAQ

Q:《N・マリン・ドルフィン》は「ネオスと名のついたモンスター」として扱いますか?
A:いいえ、扱いません。(15/09/02)

広告