アンティーク・ギア/Ancient Gear

 SHADOW OF INFINITYカテゴリ化された「アンティーク・ギア」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て機械族で統一されており、闇属性《古代の機械混沌巨人》を除き地属性である。

  • 「アンティーク(Antique)」とは、フランス語で骨董品を意味する。
    英語名は「Ancient Gear」と、日本語名の文字とルビを折衷した形になっている。
  • モチーフとなったのはオーパーツの一種で、 ギリシャのアンティキティラ島近海で発見された青銅製の歯車式機械だろうか。
    天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械だといわれており、紀元前2世紀に作成されたにもかかわらず恐るべき精巧さで知られる。
    • アニメZEXALにおいてもモチーフを同じくする通常罠《アンティキティラ・ギア》が登場している。
  • アニメではサポートの指定は「古代の機械(アンティーク・ギア)」だった。
    後のARC-Vに登場した関連カードは片仮名の「アンティーク・ギア」表記指定のカードも登場している。
  • 初登場時では、観客の生徒やカイザー亮から「暗黒の中世デッキ」との異名で呼ばれていた。
    このデッキ名は、TAG FORCEシリーズなどのゲーム作品でも使用されている。
  • アニメGX内では、他にも「翔vs神楽坂」戦で神楽坂が《古代の機械巨人》を使用しているため、どうやら一般普及しているカテゴリのようである。
  • アニメ5D'sにおいて、デュエルアカデミアの教頭であるルドルフ・ハイトマンがこのカテゴリモンスターを使用している。
  • OCG化されていないカードとして、アニメARC-Vで融合モンスター古代の機械双頭猟犬(アンティーク・ギア・ダブルバイト・ハウンドドッグ)》・《古代の機械参頭猟犬(アンティーク・ギア・トリプルバイト・ハウンドドッグ)》・《古代の機械究極猟犬(アンティーク・ギア・アルティメット・ハウンドドッグ)》、通常魔法古代の機械点検(アンティーク・ギア・インスペクション)》・《古代の機械混沌融合(アンティーク・ギア・カオス・フュージョン)》・《古代の機械廃棄融合(アンティーク・ギア・スクラップ・フュージョン)》・《古代の機械双造(アンティーク・ギア・ダブルイミテート)》、装備魔法古代の機械魔盾(アンテョーク・ギア・マジック・シールド)》・《古代の機械仮面(アンティーク・ギアマスク)》、通常罠古代の機械再生融合(アンティーク・ギア・リバース・フュージョン)》・《未完の古代の機械(アンフィニッシュド・アンティーク・ギア)》、永続罠古代の機械増幅器(アンティーク・ギアブースター)》・《古代の機械閃光弾(アンティーク・ギアスパークショット)》が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    「デュエルリンクス」ではクロノス・デ・メディチ、デニス・マックフィールドに専用ボイスが設定されている。
    それぞれ出演した作品だけでなく、それ以外の作品及びOCGオリジナルのカードにも設定されている。

関連リンク

―「アンティーク・ギア」と名のついたモンスター
 ※は「アンティーク・ギア」に関する効果を持つモンスター

―「アンティーク・ギア」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「アンティーク・ギア」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「アンティーク・ギア」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告