シャッフル/Shuffle

 カードを切り混ぜる事です。
 シャッフルの方法に規定はありませんが、途中でカードの中身を見たり、カードを選り分けてからシャッフルするなどの作為的な行為は、一切してはいけません。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


 OCGに限らずカードゲームのルール上の「シャッフル」とは、デッキカードを切り混ぜることである。
 誤解されやすいが、プレイヤー手札の順番を並べ替える目的で手札カードを切り混ぜる行為はルール上「シャッフル」に該当しない。

 下記の通りやり方はいくつかあるが、公式には定められていないのでどれを行ってもよい。
 ただし、ウォッシュシャッフル以外はある程度カードが規則的に移動するため、イカサマが容易に行えてしまう(詳細な理由は下記参照)。
 この事から、例えばディールシャッフルをした後にヒンズーシャッフルをするなど、複数種類(大会やイベント等の実戦レベルであればディールシャッフルを除く3種類以上)のシャッフルを組み合わせて行う事が非常に望ましい。

 開封したばかりのストラクチャーデッキデュエル直後のデッキは中身が偏っているため、手札事故を防ぐために念入りなシャッフルは重要である。
 しかし、「固まったカードがバラバラになる」というのはあくまで結果として起こる事であり、それがシャッフルの目的ではない事に注意したい。
 固まったカードを散らせるという目的でシャッフルを行うのは、「複数枚引きたくないカードをバラけさせる」、「手札に来てほしくないカードを(故意か否かは問わず)デッキに置かせる」等というイカサマをするのと同じ事になる。
 本当のシャッフルの目的は「無作為にカードを混ぜるため」、つまり作為的にカードを並べ替えたのではないという事を証明するためである。

 なお、イカサマ防止のために相手デッキカット・シャッフルする際には、カードを傷つけないように細心の注意を払いたい。

シャッフルに関するルールについて

  • シャッフルの際に、デッキ内容の確認をすることはできない。(12/03/28)
    カードを選り分けてからシャッフルする行為も公認大会規定で禁止されている。
  • 複数のカードデッキ加える場合、「まとめてデッキと重ねなければならない」というルールはない。
    例えば《貪欲な壺》デッキカード戻すときは、よく混ぜるために裏向きにして1枚ずつ適当に間に差し込み、その後でシャッフルしてもよい。
    ただし、裁定上はシャッフルの方法は指定されていない(11/01/28)、つまりジャッジの判断に任されるので、あらかじめジャッジの了解をとっておくことが推奨される。

シャッフルの種類について

代表的なものを以下に挙げる。

  • ヒンズーシャッフル(Hindu Shuffle)
    一般的なシャッフル。
    片手にデッキを持って、何枚か抜き出して上か下に重ねる動作を繰り返していく。
    2〜3枚の固まりが残りやすいので注意。
    • 原作・アニメでも最も描写されているシャッフル方法である。
  • ディールシャッフル(Deal Shuffle)
    カードをいくつかの山を作るように分け、その後で山をランダムに重ねるシャッフル。
    やや時間がかかる上に、無作為化の方法としては適していない。
    • このシャッフルを特に工夫せず行うと、2回連続で行うことでもとのカードの並びに戻せてしまう。
      たとえば、40枚のデッキの場合、最初に5山、二度目に8山で行うことで元通りになる。
    • これを応用してカードをいくつかの山を作るように分ける過程で各カード加工や仕様、僅かな厚み(等の差分)を利用してデッキボトムデッキトップに置きたいカードを(手の触覚で)選り分けた上でカードの並びを操作できる点も問題視されている。
    • こうした問題から、ディールシャッフルを禁止、もしくは制限しているカードゲームも少なくない。
  • ファローシャッフル(Faro shuffles)
    カードを2つの山にして、その二つの山の端をかみ合わせ、ほぼ交互に差し込み、リフルシャッフルのようにカードを曲げずにひと山にするシャッフル。
    マッシュシャッフルとも呼ばれており、TCGにおいてはヒンズー・ディールに並んで用いられるシャッフル方法である。
    スリーブに入れたカードでは容易に行うことができ、かつ短時間でよく混ざるので都合がよい。
    ただし、静電気などで張り付いてしまったカードが張り付いたままになり、特定のカード同士が混ざらないまま終わってしまうことがある。
    また、スリーブに入っていないカードでは難しく、スリーブの寿命を縮めるという欠点がある。
    • こちらもディールシャッフル同様、規則的にカードを入れ替えるものなので工夫せず複数回繰り返せば並びがもとに戻ってしまう。
    • また、回数が少ないとデッキの上の方にあるカードは上の方にあるまま、逆もまた然りとなる。
  • リフルシャッフル(Riffle Shuffle)
    主にディーラーやマジシャンが行う、2つの山を1つずつ手に持ちそれを交互になるようカードを重ねるシャッフル。
    基本的にエンターテイメント目的で使用される。 より派手に行うものは「マシンガンシャッフル」ともいい、下手にやるとカードが折れるので注意が必要である。
    修復が利かず、トランプなどと比べて高価なカードを扱うだけに、闇遊戯のようにこの手法を嫌がる人も多い。(下記参照)
    特に相手デッキをこれでシャッフルするのはまずい。
  • ショットガンシャッフル」をリフルシャッフルの意味で用いるのは遊戯王においてのみであり、一般的にはディールシャッフルの意味で用いられている。
  • ウォッシュシャッフル(Wash shuffle)
    「焼きそば」「スクランブル」等とも呼ばれる、カードを机の上にランダムに広げてかき混ぜるシャッフル。
    タロットなどカードの上下まで混ぜたい場合に行われる。
    混ざり方自体は問題ないが、広いスペースが必要な上にカードの上下がぐちゃぐちゃになる。
    もっとも、TCG以外のカード(例:タロット)やボードゲーム(例:麻雀)では、わざと上下をぐちゃぐちゃにしたいがために行われることがある。
    • アニメGXでは、実際に斎王がタロットカードをこの方法でシャッフルしているシーンが見られた。

その他

  • 原作・アニメにおいて―
    シャッフル関係で印象に残るデュエリストと言えばやはりパンドラだろう。
    「ショットガンシャッフルはカードを傷めるぜ」と闇遊戯に咎められている。
    なお、上記にも書かれているが、ここでのショットガンシャッフルとはリフルシャッフルのことである。
    リフルシャッフルはパンドラがマジシャン出身のデュエリストであると同時に、カードを大事にしない不届き者であると言うキャラクターアピールとして使われたのである。
    (実際、彼はカードを削ることでカットの際に特定のカードデッキの上となるよう手品的なイカサマ小細工をしている。)
    他にはアニメ版「バトルシティ編」の闇マリクや、「乃亜編」での「闇遊戯vsビッグ1(大下)」戦の大下、「KCグランプリ編」の「城之内vsジーク」戦におけるジークがショットガンシャッフル(リフルシャッフル)を披露していた。
  • 原作の「王国編」での孔雀舞の「体のシャッフルはあなたが勝った後...」という竜崎に対しての台詞も印象的だろう。
    ちなみに、アニメDMにおける第49話から第80話の主題歌のタイトルも「SHUFFLE(シャッフル)」である。
  • 原作・アニメ共に、デュエル前のシャッフルを行う事はあまり多くない。
    原作では「闇遊戯vsパンドラ」戦、「城之内vsマリク(リシド)」戦、「闇遊戯vs闇マリク」戦などの直前にデュエル前にシャッフル(あるいはカット)する描写がある。
    上述の「城之内vsマリク(リシド)」戦では、城之内がマリクへの敵意のあまり睨めつけながら長時間シャッフルし、審判に止められている。
    いずれにせよ、ほぼ「相手デッキを手にする」または「相手に近寄れる」事に意味がある場面でしかデュエル前のシャッフルは描写されていない。
  • GXは特に少なく、最終戦である「十代vs遊戯」戦や「万丈目vs五階堂」戦でしか明確に書かれていない。
    十代は遊戯のデッキをシャッフルしつつ、その中に潜む神のカードの気配を感じ取っていた。
    また、「翔vsヘルカイザー亮」戦の直前にも十代が翔のデッキをシャッフルし亮とのデュエルを促す場面があり、このとき十代は翔のデッキに無断で《パワー・ボンド》を仕込んでいる。
  • アニメGXの「十代vs銀流星」戦では、十代が通常罠《ヒーローコール》で《E・HERO ネオス》デッキトップに置いたのに対し、流星はその妨害として通常魔法《ステージセレクト》で十代のデッキをシャッフルした。
    勝利に執着する流星は、十代のカードを一旦手元でシャッフルした後スプリング(もう片方の手に弾き入れる)させるなど念入りにシャッフルを行っている。
    しかし、十代の次の通常のドローはなんと《E・HERO ネオス》であり、丁寧にシャッフルしたにもかかわらず、結局デッキトップに戻ってきてしまっていたのである。
    流星も呆然とする珍事であり、十代の引きの強さを象徴するエピソードの一つと言える。
  • 5D's以降ではデュエルディスクやD・ホイールにオートシャッフル機能が搭載されており、GX以前よりは高頻度にシャッフルが行われるようになった。
    なお、この機能はD・ホイールのシステムに直結しているようで遊星達が新型エンジンの試運転をしていた際にはこのシステムが暴発し、デッキカードが弾け飛んで、エンジンから煙が出ている。
    アニメZEXALに登場した陸王と海王はこのオートシャッフル機能に細工を施し、カードの順番を固定させるイカサマを行っている。
  • デュエルディスクによってオートシャッフル機能の有無があるのか、アニメARC-Vに登場した鮎川アユは手動でシャッフルを行っている描写がある。
  • アニメVRAINSの「尊/Soulburner vsボーマン」戦ではデッキがシャッフルされる際、デュエルディスクに「SHUFFLE」の文字が出ると同時にデッキカードが光っただけでシャッフルされたかのような演出となっている。
    物理的に混ぜる必要のないVR空間ならではの演出と言える。

関連リンク

広告